僕のセフレは結構年上なんです。恋人や結婚相手としてはちょっと考えられないのですけど、セフレなら申し分ないんです。年の功ってやつでセックスは抜群なんですよ。僕みたいな若輩者にとっては経験者のリードがありがたいんですよね。 僕の祖母は今年で90歳になるのですが、民謡が好きで毎月1回、地元の公民館の民謡教室に通っています。ただ、老齢から満足な歩行も困難なので、僕が公民館まで車で送り迎えしているんです。「まだまだ私は謡えるでえ」と言うように、ばあちゃんは喋りは元気なんですよね。 彼女はその教室の生徒なんですよ。教室にいる間は、僕は車の中で待機していて、仲のいい彼女にばあちゃんを預けている形なんですよね。ばあちゃんも気立てのいい彼女を気に入っていて「うちの孫の嫁さ来てくれ」なんて言ってます。そんなこんなで、彼女と話している内にちょっといい雰囲気になって、今ではセフレなんですよ。 お金の無償支援 彼女は民謡が好きで、夢は「民謡喫茶を開きたい」なんだそうです。かつては旦那さんがいらっしゃったようなんですが、理由あって離婚。今は、食品工場で働きながら、毎月の民謡教室が楽しみなんだそうです。「無償でお金くれる人、いないかなー」なんて言ってました。 僕もこの年で独身ですし、結構お金はあるんですよ。だから、彼女の夢に対して、無償でお金くれる人になってもいいかな、とは思ってました。民謡喫茶なんて今までにない発想でちょっと面白いかな、とも思いましたからね。 そんな話をばあちゃんにすると「夢さ叶えてやってけれ」と言われて、僕に通帳を預けてくれました。僕自身、ばあちゃんを最後まで看取ってあげるのが使命だと思っていますし、ばあちゃんの願いだったら、言い方は悪いですが、冥途の土産としてはいいんじゃないかな、と、彼女に投資をしたのです。貯金はほぼ使いましたが、彼女もばあちゃんも喜んでくれるなら、それでいいかな、と。 結果、1年後に民謡喫茶は潰れました。もう、見事なほどにお客さんは入りませんでしたね。無償の約束だったので僕が丸損した形です。すると、ばあちゃんから「民謡聞きながら茶を飲みたい人なんておらんべ」と言われました。先にそれを言えよ! ちなみに、彼女とはまだ関係は続いています。今度は「詩吟喫茶」を作りたいそうです。勝手にやってくれ。 支援掲示板 支援掲示板


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:12
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space