『セクロスきぼんぬ』 今時そんなこと書くやついるのかと思ったが、気になってエロチャットをつないだ。 そこには意外に普通の男性がいて、「チャットだけどセクロスまでOKってことでいい?」って尋ねられた。 私は「エロチャットならOKだよ。」と返事をした。 彼は直ぐに「じゃあおっぱいを見せて」と言ってきた。 私はブラウスのボタンをはずして、カメラに向かっておっぱいを見せた。 彼の目がキラキラするのがわかる。 私は「次はどうすればいい?」と尋ねる。 彼は「じゃあ、全裸になっておマンコも見せて」と言ってきたので、残りの服を全部脱いで、足をM字開脚に広げた。 そんな私の様子を見て、「もっとマンコの中を指で開いて見せてごらん。せっかくピンク色なのにもったいないよ〜」なんて言ってきた。 私は言われた通り、マンコの中まで見えるように広げて見せた。 「じゃあ、次はおもちゃ使ってみようか? 持ってる?」 彼はそう言ってきたので、 「バイブとローターがあるよ」 オフパコ と答えた。 彼は「じゃあ、バイブを今見せてたマンコの中に入れてみようか」と言ったので、私は言われたとおりに挿入する。 見られている所為か余計に気持ちよくて、いつもよりさらに感じてしまう。 そんな私を見て、彼はニヤリとしながら「ローターが余ってるね。それでおっぱいを刺激してごらん?」といった。 私はマンコとおっぱいに刺激が来て、気持ちよすぎて頭がぼーっとしてくる。 「オナニーは気持ちいかい? 俺とセクロスすればもっと気持ちいのにね」 彼がそういうのが聞こえて、 「んっあんっもっとぉ気持ちよくしてほしいのぉ〜」 と言ってしまった。 バイブが動き回るマンコの中に彼が欲しくて私は足をどんどん開いていって、最後は自分でクリトリスも触りながらいってしまった。 「次は直接セクロスしようね」 彼にそう言われて私はまた子宮がうずくのを感じた。 セフレの作り方 セフレの作り方


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:122
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space