私はもともとすごく寂しがり屋なんですが、セックスが苦手です。 そのため、何人もの男性と破局してきました。 そんな経験を繰り返すうち、同世代よりも高齢の男性とお付き合いして、肉体よりも精神的に満たされる関係を作ったほうがいいのではないかと思いつきました。 シュガー・ダディ募集のサイトを見つけて、そこに登録して、プラトニックでもいいから愛してくれる男性を募集したところ、50代から70代までの男性から連絡がありました。 さすがに70代はびっくりしました(笑)。 サイトを通じて彼らとやり取りをして、最終的に50代の会社役員の男性と会うことにしました。 彼は奥さんと家庭内別居中で、精神的に満たされない日々を送っているということで、愛する人と時間を共有したいと言っていて、まさに私のパートナーにぴったりだと思ったんです。 パパ 実際に会ってみると、彼は年齢以上に若い人で、セックスを求められるか不安になりましたけど、何度会っても彼とそういうことになることはありませんでした。 キスくらいはしたけど、一緒にベッドで眠っても何もしてこないので、私も安心して彼の胸で眠ることができたんです。 彼と一緒にいると、とても安心できるし、幸せな気持ちになれるので、彼に私のシュガー・ダディになってほしいと申込み、彼からも正式にOKをもらいました。 彼は私をとても甘やかしたいみたいで、毎月お手当てをくれたり、会うたびに服を買ってくれたり、高そうなお店で食事をさせてくれました。 お金なんていらない、一緒にいてくれればそれでいいのに・・・ だけどそういう彼の気持ちが嬉しかったのも事実です。 彼には家族があるので、彼と結婚することはできないけど、これからもこんな幸せな時間を共有できたらいいなと、とても強く思っています。 先払い


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:220
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space