引っ越した場所は老人の多い住まい。若い住人はほとんどいません。私は専業主婦と言うこともあって同世代の人としゃべれないのがすごく寂しく感じました。近所の人にはご挨拶をされますが、やはり世代が違うということもあって会話にはついていけません。外に出て働ければいいのですが、主人は私は家を守って欲しいこともあって働くことを反対するため家にいます。 最初の1ヵ月はこの生活に我慢していましたが、だんだんと不満が溜まり私はついに元彼に連絡をしてしまいました。元彼とは喧嘩ではなく自然消滅で別れたと言うこともあってか今も時々連絡を取っているため、別れてからもオナ指示をしたり、体の関係にもなったりセフレの関係になっています。 オナニー ライブチャット 「そんな田舎なら爺さんにお前の裸でも見せたらどうだ。」「そんなことしたら変人思われるよ。」「さりげに見せるのがポイント。しかも全員じゃなくて、まずは隣人からだ。隣人が庭仕事している時にミニスカートを履いてパンチラでも見せてみろ。そこで、オナしてみろよ。爺さん喜ぶぞ。」無理と言いながらオナ指示する元彼に従ってしまう私。ちょうど、おじいさん1人で庭掃除をしていたため、私は気づかないふりしてパンツが見えるポーズをしたり、谷間が見えるようにかがんだりしました。その結果、おじいさんは私を横目でチラチラ見ていました。作戦成功だな思いました。その事を元彼に伝えるとオナ指示を再び要求してきました。私も楽しくなり彼の指示に従うことにしました。 セックスしたい 不倫したい


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:99
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space