26歳、彼女持ちの会社員です。 彼女がいるからと言っても、安泰なわけではありません。 実は、僕には悩みがありました。 それは、彼女があまりセックス好きではないこと。 なんというか、不感症なのか、いまひとつ快楽というものに対して、積極的になってくれないのです。 そこそこは感じているようなのですが、昔の彼女みたいに乱れることがない。 何か良い方法はないか? 彼女と円満なセックスをする方法はないか? 考え続けていた時、ネットの情報をキャッチしました。 それがクリ開発です。  とても合理的だと感じました。 女の子の一番敏感な部分を刺激してやる。 クリ開発してやれば、今の彼女も、もっと淫乱な気持ちを味わえるに違いありません。 そうすれば激しいセックスができる。 彼女にとっても、僕にとっても素晴らしい行為であると感じました。  あまり乗り気ではなかった彼女を、ラブホテルに連れ込みました。 クリ開発の話は、していません。 「今日は、ちょっとまったり楽しもうよ」 彼女に伝えると、嫌がっていた彼女も、頷いてくれました。 いつものように、熱い恋人同士のキス。 服の上から愛撫。 そしてまた熱いキス。 これを繰り返し、彼女を裸にしました。 いつ見ても魅力的なプロポーションです。 薄い陰毛の下には、濡れたオマンコ。 M字開脚をさせ、まずはじっくり観察。 この観察で、かなり恥ずかしがっていたんです。 「何してるの、無言で…」 これだけでも、効果があったようです。 そこからはクリ開発スタート。 皮から彼女のクリを出し、指のお腹でゆっくりと触っていきました。 これを長時間続けていきました。 すると、あまり良好な濡れ具合ではなかった彼女のオマンコから、いつもよりも多いマン汁が出始めたのです。 Twitterのエロ垢を相手にしてもまともなアカウントは皆無 そしてヨガリ声も、いつもよりも大きく感じました。 じっくりとクリちゃんを触り続ける。 口を付けてペロペロ舐めてもやる。 きつく吸ってやると「はぁあっ」と、声を上げていました。 そして、購入したローターを当て、こちらも長時間刺激を続ける。 「はぁああっ、あああん、いやん」 今まで聞いたことがないほど、強烈なアヘ声でした。 それ聞いて、すっかり気分が盛り上がっちゃって、彼女の中に突入開始でした。 やっぱりと言うべきか、反応が別物でした。  クリちゃんをたくさん刺激したおかげなのでしょう。 今までのセックスよりは、確かに盛り上がりました。 彼女の反応も大変良いものでした。 クリ開発を続けていけば、良好過ぎるセックスライフも手にいれられそうな気配です。 スペンス乳腺 クリ開発


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:50
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space