親は大学受験が控えているんだから友達とあまり遊ばない。遊んでも17時までに帰ってくるなど。門限もうるさい。そのせいか恋愛も出来てない。エッチにも興味もある。家にいても落ち着かないし、大学に行ったら家を出ようとも思っていた。 だけど、こんな俺でも好きと言ってくれる女子が現れた。名前は智美。勉強している時の真面目な顔と友達と遊んでいるときの笑顔が好きと言ってくれた。俺も智美のことは気になっていたからすごく嬉しく付き合うことになったが、門限もあるし、家に智美を呼ぶことも出来ない。エッチもしたい。そこで高校で使われていない倉庫でエッチをすることにした。初めてのエッチが倉庫。少し申し訳ない気持ちもあるけれど智美はスリルがあっていいと言ってくれる。そのせいもあった週に2回そこでエッチをするようになった。クリ肥大にも興味があったのでクリ肥大もやってますます智美は濡れやすい体質になっていた。 テレフォンセックス その後、恋愛も勉強も順調で成績も一気に上がった。親も俺の成績を見てすごく喜んでくれた。そして、門限を17時を20時に一度だけ変えたいとお願いをした。智美と夏祭りに行きたかったから。すると、成績が上がった事もあって許可がおりた。初の夏祭りデートを迎えられてとても楽しかったけれど時間はあっという間にきてしまった。もう帰らなくてはいけないけれどこのまま帰したくないという気持ちが強かった。だけど、智美が「帰ろう。大学に行って一人暮らしするんでしょう。その時はたくさん会えるよね。」と、言ってくれた。本当に智美に感謝。こうして俺は無事に大学にも行き、半同棲みたいな感じで智美と一緒に暮らせるようになった。そのおかげでクリ肥大以外のこともしてエッチをより楽しんでいます。 クリトリス吸引 クリ責め


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:20
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space