私はある掲示板に書き込みをしていたときに円光をしているJCから連絡をもらいました。彼女は年齢をごまかしていたので、私は気にすることなく会う約束をしまいした。実際に待ち合わせ場所に向かうと時間になっても想像していたような女性は現れませんでした。ずっとたたずんでいるJCらしい女の子はいたのですが、まさかその女の子だとは思いもしませんでした。しばらく待ってもこないので連絡をしてみるとそのJCが私の方を向いていたのでその時にようやく気がつきました。私は騙された。という思いでいっぱいでした。それと同時に腹立たしさがこみ上げてきて、彼女に嘘ついていたのかと思わず言ってしまいました。彼女は泣きそうな顔をしていたので、それ以上言うのはやめましたが、大切な休日の時間を無駄にしたような気持ちになりました。 JCと援助交際 彼女はその後もしつこく円光して欲しいと言ってきましたが、何も言わずに帰りました。きっと彼女はこういう感じで円光をしているんでしょう。私はとりあえずその後、カフェに行くと今から会えるような女性はいないかと探し始めました。急にあってくれるような女性なんていないだろうという気持ちが9割ありました。食事をしながら、何人かの女性に連絡をして待っていると1人の女性が連絡を返してくれたのです。私は彼女としばらくやりとりをしその日の夜に会えることになりました。彼女は私よりも年上でしたが、とても話しやすい女性でキレイな人でした。私は彼女に会ったばかりなのに彼女のことを好きになっていたのです。彼女はどう思ってるんだろう。と食事中ずっと気になっていました。それから結局、私たちは付き合うことになったのですが、あのJCに会っていなければ彼女との出会ってなかったのかもしれないと思うと不思議な気持ちになります。 出会いカフェ 家出少女





Total:36
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space