人と繋がるのが苦手です。両親が早くに亡くなり、その後親戚の人に育ててもらったけれど、俺が20歳の頃に家を出ました。それから、仕事をして一人暮らしの生活を始めたけれど、人と繋がるのが苦手な俺は職場の人とコミニュケーションがとれなく、仕事は失敗続きですぐに辞めてしまいました。今では単発の派遣しか働いていません。そのせいか、家賃も払えなくなりネカフェ難民状態になっています。 ある日、引っ越しの仕事をしていた時のことでした。現場にいる女性に話しかけられました。「あなた、髪ボサボサだけどよく見たらいいお顔ね。私のペットにならない。」初めはペットの意味が分かりませんでした。その後名刺だけもらいネカフェ難民の俺はネットで今日の出来事をツイッターで呟きました。 ビッチ 「それ、凄くいいよ。ネカフェ難民にならないで済むし、その女性がお前のことを養ってくれるんだから。」「俺もそんな人に出会いたいよ。」その事を聞いて俺は名刺に書かれてる番号に連絡をしました。 「かかってくると思った。ご飯まだでしょう。一緒に食べない。」「はい。」人と繋がるのは嫌だけど今回はだけは我慢しました。彼女に会うといきなり食事ではなく美容院に連れていかれました。ボサボサの髪をカットして、その後は服を彼女の好みにコーディネートされて人形状態。買い物が終わりようやくご飯を食べたけれど、普段食べない高級料理ばかりなテーブルに並びました。驚く俺の姿に彼女は笑っていました。「これからはよろしくね。」「はい。」 神待ち 神待ちアプリ





Total:50
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space