「ホ別苺。おじさん、いい歳して援交したいって考えやめなよ。お酒も飲みすぎだし、それじゃまた奥さんに逃げられちゃうよ。」「それはダメだ。でもホ別苺そんなに安いかな。」「奥さんを大事にしなさい。」私は居酒屋を経営しています。そして、酔っ払いのおじさんに20代の私が何故か、お説教してしまう事が多々あります。それでも、年下に叱られる事に嬉しく感じるとおじさんはよく来店してくれます。そんな私でも1人の男性が飲みに来る時は何も話さなくなります。それはこのおじさんの息子さん。おじさんと一緒に来店する時は緊張してしまい、おじさんがホ別苺をやりたいという話をされても何も言い返せなくなります。ズバズバいう私を見て彼が引いたりしないかと思ってしまうと何も言えない 私は彼に一目惚れをしていました。 テレセを希望する人妻のオナニー鑑賞をする ある日、店には客が来なく今日は早仕舞いと思った矢先に噂の彼が1人で来店しました。「今日は誰もいないんだね。」「いらっしゃいませ。」私は緊張してしまい声が裏返ってしまいました。「風邪引いてるの。」「あっ、はい。今日は1人なんですか。」「はい。父が飲み過ぎて母に怒られ来れないみたいなので私1人で来ました。と、いうより1人で来て見たかったので来ました。お客さんもいなくて、お店的には痛手だと思いますが私はとてもラッキーだと思っています。」それはどういう意味だろう。と、思いながら私の胸は高鳴っています。そして、彼にビールを注ぐと緊張し過ぎて震えてしまいました。彼はその様子を見て笑っていました。 セフレ探し スマとも





Total:79
今日:2
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space