なんで、仕事が終わってまで人の電話エッチを聞かされないといけないだろう。私はキャバクラで働いています。日頃からお客さんに連絡をまめにとったり、仕事が休みの日でもお客さんと食事に出かけたりしています。そのお陰で店の売り上げにかなり貢献は出来ています。しかし、仕事から帰ってきてからも私には悩みがあります。それはお隣です。多分私と同じ20代の男性が住んでいると思うのですが、古いアパートという事もあって声がよく聞こえます。彼女が遊びに来るとHな声も聞こえたり、彼女がいない日でも電話エッチをしているような会話の内容が聞こえます。引っ越せばいいのですが家賃が安く日当たりもいいという所から中々引っ越す気持ちが起きませんでした。私はその事をお客さんに相談しました。 エロチャッ 「だったら、わざと友達の話していらフリをして由美ちゃんの声を逆に聞かせたらどうかな。」「なるほど。」私は早速、お隣が家にいる事を確認して友達に電話してあえて大きな声で話し隣に聞こえるように話しました。「もう、電話エッチなんかするカップルきもい。てか、人の喘ぎ声なんか聞きたくない。」そんな会話を10分くらいして電話を切りました。それからはお隣から電話エッチの声はしなくなりました。彼女が家に来ているときもHな声も前より小さくなりました。私はその事を相談していたお客さんに伝えました。「良かったね。でもそんなアパートに住んでいるなんて男としては羨ましいかも。」「何言ってるんですか、でも今度2人でデートしましょう。」私に平和な日常が戻りました。 お金をもらう お金がない


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:209
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space