私には妻と子供がいました。しかし、子供が4歳の時に病気で亡くなりそのせいで妻とはうまくいかずに別れてしまいました。60歳になっても未だ独身。再婚も考えましたがなかなかうまくいかず、このまま人生終えても良いかなと思っていました。 そんなある日、私が勤めている会社に1人の新人女性がやってきました。彼女の名前は幸子。驚きました。亡くなった娘に付けた名前と同じ。年齢も20歳と聞き、娘が生きていたら同じ年齢だったからです。彼女もまた父親を早く亡くして母親と二人暮らしをしていると教えてくれました。なぜか他人のような感じには思えなく、私は彼女を娘のような気持ちになりながら仕事を教えたり会社仲間とみんなで飲みに出かけて交流を深めたりとしていました。そのせいか、幸子も私のことを父親みたいな存在と言っていました。 パパ活 アプリ ある日、仕事が休みの日にスーパーへ出かけると幸子と母親らしき人に遭遇しました。「川田さんもこの近くに住んでいるの。」「まぁね。」「いつも、娘がお世話になっています。」「こちらこそ。」「川田さんもこれから晩御飯作るなら一緒に食べませんか。母の料理美味しいですよ。」「いいよ。」「遠慮しないでください。娘と2人だといつも料理が余るし是非。」私はお言葉に甘えて彼女たちの家でご飯を食べる事にしました。久しぶりに手作り料理を食べている事に嬉しくなり、会話も弾み用意してくれたビールも進み楽しい食事が出来ました。「この子以前、パパ活する友達の話をしていたので川田さんの存在を話をした時、パパ活をしていたのは娘かなと怪しんでいました。」「もう、ママやめてよ。パパ活なんてしてません。でも、父親みたいな感じなのは間違い無いけどね。一層、2人が付き合えばいいのに。」その言葉に食べていた食べ物でむせる私。だけど、本当にそれが実現したのが数ヶ月後でした。 パパ活 お金を貰う


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:202
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space