俺の彼女はいい女だ。付き合う前はヤリマンと言う噂もあり「男にこびている」とかなんとか同性からの受けはあまり良くなかったようだが、少なくとも、彼女がヤリマンなら俺はヤリチンだから釣り合いが取れているというものだ。 ただ、正直な話、セックスはあまり良くない。これまで付き合ってきた女の中では、中の下くらいである。ガバガバと言うわけではなく、何となく感度が良くないと言うかちょっとマグロっぽいところがあるのだ。それどころか、あまりセックスはやりたがらない。拒まれているわけでないのだが、こちらから強く誘わなければ寝ることはない。デートの時は楽しそうだから嫌われてはいないとは思っているので、そんなにセックスに固執するタイプではないのだろう。ヤリマンと言う噂は彼女の美貌に嫉妬したブスたちが流したデマなのだと思っていた。 ところが、彼女の家に泊まった時、彼女がトイレに行っている間に俺は目ざとく電マを見つけてしまった。それどころかピンクローターやバイブまで。別にオナニーくらいで目くじらは立てないし、俺だってする。しかし、ここまで本格的にグッズをそろえていると、俺とのセックスに何か不満でもあるのだろうかとも思えてしまう。俺は何にも気づいていないふりをして、うんこから戻ってきた彼女と会話を続けた。 センズリ鑑賞のAVに没頭しライブチャットをして学んだセフレの作り方 彼女はセックスよりもオナニーの方が好きなのだろうか。ただ、俺も彼女とのやりがいの無いセックスよりはオナニーの方が自分を満たせていることに気づいていた。そこで俺は彼女に相互オナニーを申し入れてみた。お互いのオナニーを見ながらオナニーする。相互オナニーならば無理にセックスしなくてもお互いを満たせるはずだ。 ややあって、俺の相互オナニー提案を彼女は受け入れてくれた。彼女がパンツを脱いで足を開くと既にぐちょぐちょになっていた。これから始まるオナニーに彼女自身がもう脳内で興奮しているのだ。相互オナニーをしながら、俺のペッティングじゃ全然濡れてこなかった彼女が今は一人でよがりまくっている。俺の存在って何なのだろうだろうと思った。 クンニされたい クリ拷問


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:143
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space