仕事が生きがいで大学を卒業してからは仕事ばかりの生活を送っていました。気づけば35歳。恋愛もろくにせず、今も彼女がいません。両親からは「早く結婚してくれ。」「このまま1人なのか。顔は悪くないのに。」などなど言われます。彼女は欲しいけれど仕事に没頭し過ぎたせいでどう恋愛したらいいかも分かりません。そんな私の唯一の楽しみは仕事が次の日休みという金曜日の夜に行く風俗店。自分へのご褒美に週一のペースで通い、いつも麻里ちゃんを指名します。彼女は私とあまり変わらない年齢てとても会話も面白く、アソコがとても良い。彼女はクリトリス肥大しているのです。 クリ拷問 本番はもちろん店では禁止行為なのですが、彼女を指名し続けて数年。店以外でもあったりするため私だけは本番行為をさせてくれます。その時にクリトリス肥大している事を知りそれから彼女にますます夢中になりました。 「私を指名するのはクリトリス肥大してるから。それとも、他にあるのかな。」「それも魅力の一つだけど、麻里ちゃんに会うことで俺の癒しになっているからね。」「そうなんだ。でも、私もいつまでここに働けるかな。良い加減結婚しないといけないし、借金も返済ももうすぐだからそろそろお店辞めようかなと思ってるんだ。」「結婚か。だったら俺とするか。」「本当。」冗談のつもりだったけれど彼女が借金返済を機に私達は結婚することになりました。今ではお金なしで彼女のクリトリス肥大を楽しんでいます。 クリトリス攻め クリ剥き





Total:125
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space