パパ募集アプリでの女性側の体験談などを読んでいると、結構怖い思いをしている人が多いようだ。 男性側にしてみれば「俺は金払ってるんだぞ」と言う傲慢さがあるのだろう。 「お客様は神様です」なんて言葉は、客を迎える側が言う事であって、客が自負するものではないよね。 もちろん、パパ募集アプリで出会う女性との関係は、お金の契約で成り立っているものなのだけど、それでも僕は迎えくれている女性は神様だと思っている。 ただ、女性側も、たやすく「神待ち」とか、神と言う言葉を使っているけど、心の中では「都合のいい奴」なんて舌を出しているのではないかな、などと考えることもある。 そんなお互いの不信感から、いびつな関係になってしまうのだろうね。 僕も、パパ募集アプリで、結構な人数のパパをやって来たのだけど、お金を超えた関係もあれば、それこそ契約だけのドライな関係もあった。中には、本当に寝っ転がっているだけで、これならダッチワイフを相手にしていた方がマシだと思った女の子もいた。 ユニバース倶楽部に登録する同僚にパトロンの作り方を教わる それは、パパ募集アプリのプロフや書き込みからは推測しづらい。素っ気なさそうな子が案外と気遣いが効いたり、情熱的な書き込みをしている子があまりに事務的だったりもした(これはおそらく業者だろう)。 ただ、それも全部ひっくるめてのパパ活だと思うのだ。 子供が親を選べないように、親は子供を選べない。 過去を振り返れば、僕の親も最悪の人間だった。飲酒運転で事故死した親の葬儀で形だけでも手を合わせながら、僕が親になったら間違ってもこんな親にはならないぞ、などと思ったものだ。 結局、僕は人の親にはなれなかった。結婚するチャンスはあったものの、どこかあの忌むべき親の血を引いている自分を恐れていたのかもしれない。 パパ活で、いい子も悪い子も相手をした。僕は僕なりに、もし仮に自分に娘がいたら、と想像しながら、いいパパを演じていたつもりだ。 彼女たちにとって、僕は理想的な父親像だったのだろうか、単にお金をくれるおっさんだったのだろうか。 そして、他界した親にとって、自分はいい息子だったのだろうか、悪い息子だったのだろうか。 パパ契約 お金くれるパパ


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:36
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space