出会い系で知り合った男性にクリ拷問をされたのは、少し肌寒さが感じられる秋口のこと。それまでは私はクリ拷問に興味はあったのですが、体験する機会も無く・・・きっとクリ拷問を経験することは無く、人生を終えるだろうと思っていました。出会い系で知り合った男性は女性を快感で支配したいという希望があり、それが私のクリ拷問の希望と一致したため、遊ぶことになりました。 彼の部屋では手を固定され、下着の上から電マでクリトリスを刺激されます。逃げられない状況の中、何度も足を閉じて抵抗しましたが、その都度彼の強い力で阻止されます。激しい電マ攻撃が終わったと思ったら、パンツを脱がされ、膝と立てた状態のまま縄で縛られます。縄が食い込むので少し足を動かすだけでも痛みがあり、これから何をされるのか怖いとさえ思いました。 舐め犬掲示板にはまともな奴はいなかった 彼は私の股間に顔を近づけ、舌先でクリトリスをつつきます。すでに電マの強い刺激に慣れてしまったクリトリスは、少し触られるだけでも敏感に反応します。すでに2回は絶頂に達していたのですが、チロチロと舌で舐められただけであっという間に絶頂に達します。彼は私の様子を見て、次は軽くクリトリスを吸って口の中で転がします。あまりに強弱をつけたクンニに、簡単に私は絶頂を味わうことに。自分でもどうなっているのかわからないほど、クンニで快感を味わいました。最後は意識が朦朧とする私に、彼がローターを見せてきました。そしてそのローターをクリトリスにあてたまま、パンツをはかせます。彼は隣に部屋に移動しましたが、リモコンを使ってローターの強弱を変えてきます。私は動けないまま、止まらない刺激に耐えるしかありません。クリ拷問がここまで激しいとは、思いもしませんでした。 エロ垢 援アカ





Total:26
今日:1
昨日:3

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space