バレンタインデー[1]

2月14日。学校帰り、俺はいつもの公園に呼び出された。
「ねえ、賢ちゃん・・私ね、ずっと・・・好きだったの。」
いつも男っぽい佳織が、頬を赤らめて俺に言う。
小さな紙袋の中には、可愛くラッピングされたチョコレート。
「手作りなの・・・、た、たべてくれると・・・うれしいんだけど」
可愛い手袋をした手で、不器用に俺に差し出す。
いきなりのことで動揺してしまい、俺はただそれを受け取るだけだった。
「返事・・・、ホワイトデーにちょうだい」
そういって、俺にくるっと背を向け走り出す。

当時中2だった俺達は、保育園からの幼馴染。
家も近所で、3歳から一緒に育ってきた佳織からのいきなりの告白。
俺は、どうしていいかわからなくなった。
その日は頭が真っ白になって、何も考えられなかったが、
なぜか頬を涙が伝っていた。


ただ、菓子を作るのが得意な佳織が作った生チョコは、
俺も一緒に溶けてしまうんじゃないかと思うほど美味しかった。
少しでも佳織の事を考えると、俺は壊れてしまいそうで、極力考えないようにした。
家も近いのに一緒に学校に通わなくなった。

だんだん冷静に考えられるようになったときには、もうホワイトデー。
俺は断った。断らなければならない理由があった。
当時、俺はいじめられていた。
原因は、とある男子が女子に告白したところ、
俺が好きだという理由でフられたことらしい。
受験を心配してなのか、表では普通に過ごしているが、
毎日のように裏で受ける暴力・・・、
腹や背中にはたくさんの痣や傷があった。
それに佳織を巻き込むわけにはいかなかった。
情けなくて、自分がみっともなくて、おかえしのキャンディーを渡して
「ごめん」といった後すぐ走り出し、自分の部屋で泣いた。

その日の夜、佳織から電話があった。理由が聞きたい、と。
俺は、本当のことが言えなかった。
「お前のこと、ほんとに大切な・・その、
・・親友だと思ってるんだ・・・。だから・・・・」
『だから』といったものの、その先は何も思いつかない。
受話器のむこうから、佳織の泣き声が聞える。
「・・・ごめん・・。」
「・・・・・謝らなくていいよ、私こそごめん・・・」
「・・・明日から、普通に喋ってくれよ。」
「うん・・・」

電話を切った後、俺は泣いた。女っぽい行為かもしれないが、
佳織と一緒にゲームセンターで取ったぬいぐるみを抱きながら泣いた。
涙が枯れるまで泣いたと思う。


もうカーテンのすきまからは朝の光が差し込んでいたし、
新聞配達の単車の音も聞えてきた。
その日、俺は学校を休んだ。泣きすぎて酷い顔をしていたからだ。

ぎこちない感じこそあったものの、
日に日に佳織は以前の佳織に戻っていった。
俺も、少しずつ以前と同じように接することができた。
それからは何も無く、俺達は同じ高校に進学した。
少し距離があるが、いじめから開放されるために
俺は遠くの高校に行きたかった。
佳織は将来の夢をかなえるために、その高校を選択したらしい。

入学式、俺達は全然くたびれていない制服を着て登校した。
「―――あ、同じクラスじゃん」
「ほんとだね、クサレ縁?(笑)」
「そうとしか言いようがないな・・・」
そんなことをブツクサいいながら、同じ教室に入る。
周りの奴と絡もうともせず、俺達は好きなアーティストについて盛り上がった。
「でさ、あのアルバムはやっぱハズレだと思うんだよね」
「ああ、それ俺もおもった。なんか、らしくないよな」
「そうそう!!やっぱあの賢ちゃんが一番最初に聴かせてくれたアルバムが・・・」
そんな話をしていると、俺達のところに女子数人が来た。
「ねえ、何中?」
「○○だよ」
「へ〜・・・付き合ってんの?」
俺達は一瞬硬直した。俺は何も言いたくなかったので、佳織にまかせようとおもった。
一瞬俺の方をチラっと見たが、「え、そんなんじゃないよ。」と、佳織はかわす。
自分からフったのに、
「そうか、俺達なにもないのか・・・」と、妙に落ち込んでしまった。
その後は普通にいろんな奴と「あいさつまわり」的な会話を交わした。
いろんなやつと喋ったが、やっぱり佳織と2人で居るほうが落ち着くな・・。
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:4048
今日:2
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space