ソープ嬢と出会って[6]





マスター「すいませーん、この子の彼氏来たんで席ひとつズレてやってくださーいw」
マスターはA子の隣に俺の席をつくってくれた
A子  「キャーwダーリーンw」
客   「ヒューヒューw」
俺   「え?え?ww」
俺が来るまでにマスターが他の客にも「この子彼氏待ってるんですw」とか言って
店の雰囲気を盛り上げるのに利用&気を利かせたつもりらしい。

マスター「ほい、とりあえずこれ飲んでピッチあげろw」←テキーラ
俺   「無理無理、さっきまで俺も親戚の集まりで飲んでたんだってw」
客   「何ぃ?w彼女より親戚とるのかぁ?www」
A子  「ひっどーいwえーん(←泣きまね」
店内は爆笑でえらい盛り上がってついて行くのがやっとだった。
マスター「何ぃ〜俺の酒が飲めないのかぁw?じゃみんなの前でA子とチューしろw」
A子  「いえぇーいwww」
俺   「なんでそーなるんだよww」
客   「どっちでもいいぞーwてか、チューしろぉぉw」
小さいグラスだしまぁ飲めないこともないけど、のんびり飲みたかったが店の雰囲気が
しらけるのもナンだし俺はテキーラを一気に飲んだ。

飲み干すと「いぇーいww」とか、なぜか拍手する客やらでますます店内は盛り上がっていった。
A子  「そんなにあたしとチューするのイヤなん?w」(←大声で
客   「そーだそーだーwチューしろぉぉwww」
客&マスター「チュー!チュー!チュー!チューwwwww」
俺   「A子だいぶ飲んだのか?酔ってる?」
A子  「酒飲んでんだから酔ってるよぉww」
俺   「いや、そーだけど、つかこのチューコールなんとかしてkウッ!!」
A子に強引に抱きしめられ唇を奪われた。店内は大爆笑してるが、A子は離してくれるどころか
舌を入れてきて完全にディープキス状態になった。
「うぉおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!」俺の耳には、店内のすごい盛り上がりが大音量で響いたが
頭の中はあのホテルのエレベーターの中でのキスの感触が鮮明に蘇ってきて浴室でのことやベッドでのこと
そしてA子の体のことまで次々と思い出していた。やがてA子が唇を離した。A子は「いえぇぇい」とか
言って他の客にピースとかして他の客も「いいもの見せてもらったw」とか「チンコたった」とか言ってたが
やっと静かになりはじめた。
A子「ずっと会いたかった。」
俺 「俺もw」
A子「ほんとに?まぁウソでもうれしいけどw」

俺 「ウソじゃないってw」
A子「えぇぇ?w信じらんないw」
俺 「どうすれば信じる?w」
A子「キスしてw」
俺 「A子やっぱり酔ってるだろw?」
A子「この前ほどじゃないよw」
俺は一瞬戸惑ったが、立ち上がった。
俺 「いえぇぇぇぇぇぇいぃぃぃぃ!本日二度目のキスをしたいと思いますwww」
店内には再び大爆笑&チューコールがw

A子「えぇぇぇ?www」
俺 「ほらっw立てw」
A子「別にここじゃなくてもw」
俺 「ここじゃなくてどこだよww」
A子「あっ、えっ?えーとwあん」
俺は答えを待たずにA子の唇に自分の唇を押し付けた。さすがにディープはしなかったが自分で股間が
盛り上がってくるのがわかった。
客  「お前ら絶対バカだろww露出狂カップルだwww」
自分でもよくやるよなと思ったが今思えばアルコールのせいで気が大きくなってたんだと思うw

客 「もう分かったからお前らヨソでやれよww」
客 「おにーさん、そこまでしたらもうおさまりがつかんだろ?ww」
俺 「そうなんですよーwもう限界wwってことで俺等出ま〜すwww」
俺はA子の手を取り店のドアに向かった。
A子「えっ?ええぇぇぇ?ちょ、ちょっと・・・・」
またまた店内爆笑。他の客から「どこのホテル行くんだ?w」とか「彼女の部屋か?w」とか
「くそw俺も彼女ほしぃーww」とか言われたがA子も開き直ってなのか酔ってるのか分からないが
通路を通る時には「いえぇい」とか言ってた。
店のクローゼットからA子のコートを出してもらい、会計を済ますと再びA子の手を取ってマスターに
片手をあげた。いマスターの目が点になってるのがおかしかったが、俺はこれからのことで頭がいっぱいになってた。

店の入っているビルから外に出るとA子は俺の左腕に自分の腕を絡ませてきた。
A子「ね、どこ行くの?」
俺 「えぇ?wさっきA子が「ここじゃなくてもって」って言ったから出たんだぞw」
A子「ええぇぇぇ?wwでも店でチューしたじゃんwww」
俺 「そうだっけw(とぼけて)」
A子「ね、部屋来る?」
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:3332
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space