妹の制服がイイ![8]





これほど妹を可愛いと思った事はなかった。
「奈美っ……正常位でしよっ……」
「え? うん……」
 敏夫は妹の顔が見たくなり体を反転させた。
 頬は上気し、目は快感でせつなげな表情をしている。
 唇からは小さな舌が蠢くのが見えた。
「うん、やっぱり奈美は可愛いっ……可愛いよっ……」 
「おにぃ、んんっ……んっ……」
 何か言おうとする妹の口を塞ぐように唇を押し付ける。
 激しく舌を絡ませ吸い上げ、そのまま腰を再び動かし始める。
「んんぅっ、んっ……はぁうっ、あっ、ああんっ……やんっ、あっ、はんっ……」
 上下に揺れる乳房を掴み揉み上げる。
「やぁんっ、あぅっ、はぁんっ……あぅっ、あっ、ああんっ……いいっ、いいよっ、いいよぉっ……」
 妹のよがる声に励まされる様に腰を激しく打ちつけ続ける。
「あぅっ、やっ、やんっ……凄い、あっ……凄いよぉっ……やぁっ……お兄ちゃん凄いぃっ……いやぁんっ、はんっ、はぁんっ……もう駄目、あぅっ……私もう、ああっ……」
 妹は頭を左右に振り、これまで以上に快感に悶えている様だった。
「あんっ、はぅっ、ああんっ……お兄ちゃん、あぅっ、はんっ……おにぃ、ああっ……お兄ちゃぁんっ……やっ、はぁうっ……おにぃ、ああんっ……あっ、ああああっ……!」
 絶叫と共に妹が抱きついてくる。
 その瞬間、膣内が収縮し肉棒を締め上げた。
 肉襞がヌラヌラと絡みつき、精を吐き出させようと蠢く。
「ぐあっ……出るっ……出るぅっ……!」
 耐え切れなくなった敏夫は妹の膣の中に精液を放った。
 ドビュドビュドクドクドク。
 今まで以上に激しい射精が行われる。
 敏夫は妹の体に抱きつくと、激しく体を震わせながら快感に耐えた。
 長い射精が続き、やがてビクビクと肉棒が震えると共に最後の放出が終わる。
 敏夫は荒い息を吐きながら力を抜いた。
 体の下で妹も同じ様に力を抜いている。
「今度のは……少しは……良かった……だろ……?」
 一応尋ねてみる。
 建前上、セックスを上手くするための行為だからだ。
「そうね……少しは……良くなってる……かも……」
 敏夫は顔を上げると妹を見つめた。
「厳しい……先生……だな……」
「そうよ……私は……厳しいの……」
 兄妹はお互いを見つめながら笑う。
「じゃあ……俺が……こっちにいる間……バッチリ指導……してくれよ……」
「うん……いいよ……誰としても恥ずかしくない様に……お兄ちゃんを……指導してあげる……」
 再び笑い合うと、二人はどちらからともなく唇を合わせた。

 9月になり、敏夫は一人暮らしのアパートに戻ってきていた。
 あれから毎日の様に妹とセックスしまくったのだが、さすがに休みが終わってしまうと、親の目を盗むのが難しくなったからだ。
 妹の肉体の虜となってしまった敏夫は、また早く休みが来ないかと心待ちにしていた。
 普通の土日でも構わないのだが、妹には恋人がおり、彼とのデートに費やされているため敏夫の入りこむ余地はないのである。
(ま、しょせんは兄貴だしな……)
 恋愛対象ではない人間とのセックスを、恋人より優先するなどありえない。
 敏夫にしても、いくら可愛いと感じても妹だという思いは抜けてはいなかった。
 セックスの最中に愛おしく思うのも、兄としての愛情の延長でしかない。
 妹もきっとそう思っているだろう。
 兄妹愛としてのセックス。
 世にあるセックスフレンドに近いセックス兄妹と言うべきか。
 だからこそ、妹に恋人がいても嫉妬心はそれほどないのだ。
(恋人か……)
 セックスを経験し、女の肉体の気持ち良さを知った今では、以前より恋人が欲しい思いが強くなっていた。
 無論、セックスのためだけではないが、やはりセックスもしたいのは確かだ。
(でもなぁ……奈美の制服姿には敵わないよな……)
 制服フェチの敏夫にとって、制服姿の妹は激しく興奮する対象だった。
 裸にせず、制服をはだけさせてするセックスは最高だった。
 妹と何度かした中でも、やはり制服姿でする時は他の時より興奮が違っていた。
 たとえ恋人を作るとしても、同じ興奮を味わうためには相手は高校生でなければならない。
 しかし高校生と知り合うツテなど敏夫には無かった。
(う〜〜ん、コスプレしてもらうか……?)
 高校生でなくても、制服を着てもらえば問題はないのだが、変態扱いされそうな気もする。
 同じ様に制服好きの女の子と知り合うしかないのかも知れないが、それこそ高校生の恋人を作るより可能性は少ないだろう。
(ああ……奈美……奈美ぃ……)
 妹の制服姿を思い浮かべ、股間の一物をしごく。
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ



本物のJKとセックスする方法


おじさんが本物のJKとセックスする方法は「お金を支払う」しか無いのですが、最近は規制が厳しくて「お金を支払う場所が無い」状態が続いています。


twitterなどのSNSには「#サポ希望」なんてハッシュタグを付けてツイートしているJKがいますが、SNSはログが残りますので、買った相手が補導されたりすれば確実に逮捕されてしまいます。

それがわかっているから手が出せない人はたくさんいるでしょう。


罪に問われずにセックスするには「ログを残さない」「児童だと知らずに売春した」しか方法は無く、前者は個人情報を残さずに利用できる風俗店(アンダーのいるJKリフレなど)がすべて摘発されてしまっているので、後者をどうにかして見つけないといけなかったのですが、僕はその存在に気づいてしまいました。

それは援デリです。


援デリは出会い系サイトで素人の振りをして客を取るデリヘルのことで、プロの風俗嬢ではなく素人とセックスしたかったから援交している男性からは忌み嫌われる存在だったりするのですが、本物のJKを狙うのであれば活用できる存在であることに爆サイと言う掲示板サイトを見ていて気がつきました。





出会い系サイトには18歳未満は登録できませんが(これがあるので「児童とは思わなかった」が通用する)、援デリ業者に囲われている本物のJKは自分で登録している訳では無いので、年齢制限なんて関係ありません。

さらに、ホスラブで援デリに関するスレッドを見ると、この推測が正しいことが証明される書き込みがたくさん見つかりました。














家出して生活費に困っている、ホストに行くお金が欲しいなどの理由でたくさんお金が欲しいけど年齢的にまだ風俗で働けない女の子が援デリに流れているんだと思います。

この理論を信じられない人もいるかもしれませんが、本物のJKとセックスできる可能性が少しでもあるならば試してみる価値はあると僕は思います。

援デリの相場はホ別イチゴですから、仮に本物JKが来なかったとしても、プロフィールの年齢が18〜19歳になっている子はどんなにサバを読んでも25歳以下でしょうから、ローリスク・ハイリターンの投資になるのではないでしょうか?


援デリ業者が主に利用する出会い系サイトは会員数が多い以下の5つになります。

・ミントC!Jメール(18禁)
https://mintj.com/

・イククル(18禁)
http://194964.com/

・PCMAX(18禁)
https://pcmax.jp/

・ハッピーメール(18禁)
https://happymail.co.jp/

・ワクワクメール(18禁)
https://550909.com/


援デリの女の子の探し方ですが、掲示板で検索条件を「18〜19歳」にした時に見つかるエロい内容の投稿主はみんなそうなので、簡単に見つかると思います。
(援デリ業者以外の投稿はエロい内容ではなく「暇つぶし」とか「ご飯連れてって」とか舐めてる内容ばかりなのですぐに見分けがつきます)








Total:3776
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space