新しくできた妹と[2]

別にそれが原因じゃないんだけど、その時の彼女とは普通に気持ちが離れていったという理由で高2の初めぐらいに別れた。
俺が高3のとき新しい彼女が出来た。彩もその頃高1で彼氏がいた。
ある日、いつかのように部屋に彼女を連れ込んでイチャイチャしてた。大丈夫、彩からハサミは借りてない。
で、彼女といい雰囲気になってきて、服脱がして、俺も脱いでヤっちまうぜーって時に彩の部屋から「あん・・」って聞こえてきた。

俺ギクッってしてちょいと止まってたら、「あ・・ん。あっああっ! ん。。あぁ」って確実に喘ぎ声。おいおいおい。彼氏としてるよ。気まずいなー。両部屋どうしでSEXかよみたいな。
でも、彩のそんな声なんて聞いたこともちろん無かったからびっくりしたし、めちゃ興奮したw 俺も彼女に声出させてやる!ってなぜかムキなったよw
終わった時のお互いの部屋がシーンとなる空間は苦しかった。で、お互いに部屋に相手がいるときはHしなくなった。
その2ヵ月後ぐらいだったかな。前の彼女と同じような感じでまた別れた。てか、振られたw 彩のほうは続いてたなぁ。

その何ヵ月後かぐらいに家族で食事してて普通に俺も彩もお酒飲んでたw。てか、高校生ぐらいなると学校で「飲み会」みたいなのが結構あったから酒に免疫はお互いにあったと思う。
両親が寝た後も2人で色々話しながら飲んでたんだけど突然彩が
彩「な-前に私が部屋におるときに彼女とHしてたやろ?」 って言ってきた。
俺「えーそんなんあったっけ?覚えてないなぁ。」
彩「絶対ウソやーw お兄ちゃんの彼女の声結構大きかったもんw」
俺「あー思い出した。てか、あん時彩もしてたやろ?」
彩「うんw お兄ちゃん横おるって知らんかったし、ってやっぱり私の声聞こえてた!?」
って顔赤くなってた。

俺「普通に聞こえてた。お前も声でかいんちゃん?(笑)てか、なんか妙に興奮して寧ろ彼女のH燃えたw」
彩「私も終わった後、お兄ちゃんとこの声彼氏と2人で聞いてた(笑)最近彼女連れて来うへんけど別れたん?」
俺「・・・聞いてはならぬことを。。振られた俺の何が悪い?」
彩「あ、別れたんやw」
俺「なんで嬉しそうやねんお前。さては俺に惚れてるな?ここは否定せず「うん」って答えとけ」
彩「うん」
俺「そうか。じゃ、両思いのキスをしよう。むちゅーー」
ってふざけてたら本当に彩からキスしてきた。 まぁ、軽く触れるだけのチュって感じのキス。

俺焦ったよ。お酒吹っ飛んだよ。目が点なって「え・・?」ってなった。人間予想もできないことに直面すると固まるって本当w
彩は「あははー。びっくりした?サービスサービス♪」って普通っぽ。

その後少し話してたんだけど、俺の気持ちはどこぞ?って感じだった。その時だったな。彩を女として意識しだしたのは。でもその後特に何かあったって訳ではなかった。
彩のお風呂上りに妙にドキドキしたり、お風呂は入ってるとこ「覗きたい・・マーシーになりたい・・」とかは思ったりしたけど、実行しなかった。
でも意識しだすと、夏の薄着とか、お風呂上りのパジャマのノーブラとかめちゃくちゃ気になるんだよね。何回も勃起したよ。寝込みに身体にタッチしてやる!と彩が寝てから何回か部屋に侵入したこともあったw
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:5948
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space