新しくできた妹と[1]

俺は一人っ子。俺が小学校3年の時に両親は離婚した。というか、母が消えた。
今だから分かるが、まぁ、母はどっか別の男と逃げたんだろう。
それからは親父と俺との生活。
初めのころは親父も仕事休んだり早退したりで早く帰ってきてくれてたんだけど、
いつまでもそんなのが出来るわけもなく帰りが遅くなることも度々あった。

まぁ、母が男とどっか行ってたからか鍵っ子状態が結構長かったからそんなに苦にはならなかったんだけど、料理だけが覚えるまで時間かかった。

で、俺が小学校6年ぐらいのとき、学校が休みの日に親父が「今日は外でご飯食べよう」ってことで外食したわけよ。
そこにいたのが俺の後々のおかあさん。そ。親父の恋人ね。後その人の連れ子。名前を彩という。
この時親父は33歳 おかあさん30歳 俺12歳 彩10歳
俺も初めは戸惑ったんだけど、おかあさんがめちゃ良い人でさ、なんていうか俺が気使わないようにどんどん喋りかけてくれて、次第に慣れていった。

俺が見た彩の初めての印象は「可愛い」だったなw まぁ、小学校6年だったからガキの考え方でな。

しかーーーし・・!!( ̄□ ̄;) 彩はもう無口。おかあさんが「ほら、挨拶しなさい」とか「何か喋りなさい」とか言っても無口。え。喋れないの?って思うぐらい。
親父も必死で
親父「彩ちゃんこれ食べる?」
彩「・・・・」
親父「嫌いやったかなぁ?ごめんね。どんなのが好きなの?」
彩「・・・・」
親父「あーーー、、、と。好きなの食べていいからね?」
彩「・・・・」
親父ここでリタイア。喋るネタなくなっておかあさんに目で助けてってしてたw
おかあさんが「どうしたの?いつもはそんなんじゃないじゃない。」みたいなの言ったら少しだけ喋ってた。あんま記憶ないが。

で、そういうお食事会が何度かあって小学校6年だからそれなりの直感で「あー親父もしかしてこの人と再婚するのかなぁ。」ってなんとなく思ってた。

まぁ、おかあさん優しいし別にいっか〜って思った。彩もその頃は少しずつだけど「あれ食べたい」とか「学校で○○が・・」みたいな話しもしだしてたから問題無いかなと。

で、俺が翌年の俺が中学1年のとき親父は再婚した。もともと元母親も一緒に住んでいた家なのでおかあさんと彩が一緒に住むことになっても全然大丈夫な広さだったから、引越しとかはしなかった。
まぁ、おかあさんからしたら思うところはあったんだろうけど。
俺と彩は隣り通しの部屋でそれぞれの部屋が与えられた。
そっからの家族生活は普通に楽しかった。彩も俺と大分打ち解けてきて学校から帰ってきては「な-お兄ちゃん聞いて!学校でさー」とかの話しをお互いにするようになっていった。
両親からも「本当に仲いいなー。心配いらへんかったな。」って言われるぐらい。

そのうち俺は高校に進学。その時彩は中2.

高校1年の時、俺に初めて彼女が出来た。もうさ、嬉しくて嬉しくて嬉しくてうfぢfjdkぁ;
初めてのHもその子。高校のころってさガキやから「俺こいつとずっと一緒におる。幸せにする」みたいはアホみたいなこと考えてた。
で、初めて家に連れてきていちゃいちゃしてたら、いきなり彩が俺の部屋に入ってきて
「あ・・・ごめん。お兄ちゃん私のハサミ知らない?」とか言うわけ。
知るかΣ(゜Д゜;)てか、出てけΣ(゜Д゜;)俺ただ今彼女と合体したいんだ邪魔すんなボケΣ(゜Д゜;)
と、いうことで早々に部屋に彩を帰したんだけど、さすがに彼女も隣りに妹がいるって分かったからか、拒否。その日はお流れ。俺ショック。彩にむかついたw
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:7881
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space