友達の姉が嫁
1/4ページ

あれは俺が高校2年の確か6月頃俺ら(7人程)のたまり場になっていた友人Aの家に行った時、庭から「Aなら居ないよ!」と少し迷惑そうな声で3年後俺の妻になる女が声をかけてきた。
「誰だあれ?Aの姉?あんな女この家に居たっけ?」
と初めて見る顔に俺は少し戸惑っていた。
後でAに聞いたところ駒沢大学に通う為東京に住んでいたが中退したので家に戻ってきたとの事。

「つっけんどんな態度で生意気そうな女だな」とその時は妻に対して印象は悪かった。

しかし一月位経った頃「ねぇ、私も仲に入っていい?」と突然部屋に入って来るなりそう言った。
俺らはキョトンとし、友人Aは「ふざけんなよ!出て行けよ!姉ちゃんなんか入って来るなよ!!」と怒鳴っていたが「まぁ女っ気が無いからイイじゃん」という事で友人Aはブーブー言いながらも承諾し俺らの遊び仲間になった。
後に聞いたところ大学を辞めて塞ぎ込んでいたが俺らが楽しくしているのを見ているうちに俺らの仲に入りたくなったそうだ。

俺らは全員バイクに乗っていて毎日のようにAの家に集まっては何処か走りに行ったりしていた。
その仲に妻が入って来て更に妻の友人も度々来る様になった。
走りに行く時、妻は他の友人のケツに乗り(その頃俺はまだ原付免許しか持っておらずバイクもYAMAHA GR50)走り回っていた。
妻はその当時車(ブルーバードSSS)を持っており、たまに妻の運転で出かける事もあった。

出会いから5ヶ月程経ったある日の夜、何時もの様にAの家に行ったら珍しく集まりが悪くA以外だれも居なかった。
二人でゴロゴロしながらバイク雑誌を読んでいたら妻が入って来て仰向けになって雑誌を読んでいた俺の横に座っていきなりキスして来た。

固まる俺。唖然とするA。
時間にして30秒位したら俺の手を取り「ちょっと来て」と言って車に乗せられた。
車中では一言も話さず着いた所は新横浜のモーテル街はずれの暗い所。
車を止めるとまたキスして来た。先程の衝撃は無いがキスの経験も数えるほどしか無いし、しかも舌を絡めた濃厚なキスは初めてだった。
当然童貞の俺はここからどの様に進めばいいのか分からずされるままになっていた。
しかし俺が何も知らない坊やに見られたくないという思いが湧き上がり今迄エロ本やビデオで得た知識を総動員して逆に覆い被さる様にしてキスをした。
そして、左手をまず服の上からバストに持っていき揉んだ。

出来るだけ落ち着きながらボタンを外しブラジャーをたくし上げ初めて触る乳房。

そして、赤ん坊の様に乳首に吸い付いた。
妻は鼻息を荒くし感じている様だか声は殺していた。
俺の興奮もMAXに達して乳首を舐めながら左手をスカートの中にいれパンティー越しに初めておまんこに触れた。
想像はしていたがこんなにも湿って柔らかいものだとは思わず、一旦そこから手をはずしてしまった程だ。
しかし思い直し再びおまんこを触り始めた。
妻は快感に耐えきれず声を出し始め、益々興奮して来た俺はパンティーの中に手を入れようとしたら手を遮り拒否された。
俺「ダメ?」
妻「ダメ!」

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:7337
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space