姉と二人きり
1/3ページ

僕が17で姉が20の時の話。
両親が事故で死んでしまって、姉と二人で生活していました。
(親戚はいたけど、親の借金返済に遺産を使ってお前らの面倒みる余裕は無いって言われた)

姉はOLやってたので少しは収入があったし
僕も高校は授業料免除申請がおりて、さらにバイトもしてたので
なんとかぎりぎり生活できてました。

で、僕が高校卒業して、働くって頃に二人で家で飲んでたときに
やってしまいました。

姉はふざけて、あぐらかいてるところに乗っかってきて
僕は座椅子のようになっていました。
酔ってることもあったり、お風呂上りの匂いもあったり
後ろから覗き込む胸の谷間だったりと

ドキドキさせる要素がいっぱい。

僕が、お姉ちゃん今までごめんね。僕を養う感じになって、色々我慢してきたよね。的に
感謝の言葉を伝えて、姉がそんなことないよって答えてくれたりして
グダグダとしゃべって、僕がふと、お金無くて彼氏も作れなかったよね、みたく言ったら
「ゆう(僕の仮名)と一緒にいられるだけで満足」
みたく言ってくれて、非常に変なムードになってきました。

で、姉が、そっちこそ彼女とかいないの?って聞くので、しかえしに

僕も、お姉ちゃんがそばにいてくれればいいよ、って言ってしまいました。
姉は、ほ、本当に?って吃って聞き返して、でも実は彼女いるんじゃないの?って言うので
もしいたとしたらどうする?って逆に質問したら、しばらく黙ったあと
「やだな…」って俯きながらポツリとつぶやくので、その姿がすごく魅力的だったので
じゃあお姉ちゃんが彼女になってよと後ろからぎゅってしがみついてみました。

そしたら、こくっ、って小さく頷いてました。
その後姉が、体を90度回転させてこっちに向きを変えてきて、
姉のまっかな顔がそばにあったのでそっとキスしてしまったんです。

最初は唇が触れるか触れないかのかるいキスを、ちゅ、ちゅ…と繰り返し
段々唇をぴったり重ねあわせて、こすりあわせたりしました。
姉はまた体の向きを変えて、完全に僕と対面する格好になって、肩に手を回して
しがみついて、舌と舌をからめる熱いキスをしてました。
5分くらい、無言でキスを続けてました。
唇離したら糸を引くくらいベトベトになってました。

姉が潤んだ目でこっちみてるからもうどうにでもなれって思って
耳たぶとか首筋とかも舌を這わせてあいてる両手で胸をさわりだしました。

姉はビクンビクン体を振るわせ始めてて、
脱がしてもいい?って聞いてコクンとうなずくから
その表情がすごく可愛くて、またディープなキスをしばらくしだして
そのまま服を脱がせにかかって下着姿にさせました。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:9202
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space