妻の妹への気持ち
1/5ページ

私と妻子は3ヶ月前から嫁実家で同居しています。義父、義母、義妹、私、嫁、娘の6人暮らしです。
嫁家族との関係は良好で、義父や義母とは何も気を遣わずに話せますし、義妹ともとても仲がいいです。
義妹は嫁の3歳下で現在21歳の大学生。戸田恵梨香によく似ていて、貧乳ですが細身でスタイルはかなりいいです。正直なところ、嫁より格段に美人なのです。

こんな義妹なので、義兄として平静を装いつつも常にドキドキで堪りません。そして同居3ヶ月目、私はついにやらかしてしまいました・・・

先日12時を過ぎて帰宅したら、リビングのソファで義妹が寝ていました。
すでに家族は寝静まっていて、リビングには私と義妹二人っきり。こんなシチュエーションは初めてです。

義妹の寝顔があまりにもかわいくて、私は時間を忘れてじーっと眺めていました。そうしていると、突然キスしたい衝動にかられたのです。もう心臓はバクバクでした。
キスしてもし義妹が起きてしまったら人生終わりだ、とか考えつつも、この衝動は抑え切れませんでした。
私は義妹に近づき、間近で義妹の唇を眺めました。もう完全に愚息はフル勃起(下品な表現で申し訳ありません)。
そして、私はそっと唇を重ねました。柔らかい感触。唇を離す時にプルンッてなりました。たまらずもう一度唇を重ねましたが、義妹は無反応でした。

私はほっと安心しつつ、いきり立った愚息を落ち着かせ、数分後に義妹の肩をポンポンと叩いて起こしました。

義妹「・・・ん。あ、○○さん!おかえり〜。」

私「ただいま。気持ちよさそうに寝てたね〜」

義妹「マジで〜?はずかし〜。わたしお風呂まだだから入ってくるね。すぐ上がるから!」

私「俺まだご飯食べてないし、ゆっくり入ってていいよ」

そして義妹がお風呂でシャワーを浴びているのを確認し、脱衣所で洗濯機の中から義妹のパンツを拝借しました。
少し黄ばんだ部分に大興奮しつつ、義妹との妄想に耽りながらトイレで愚息を高速で扱き、大量の精子を放出しました(たびたび下品な表現をお許し下さい)。
義妹のパンツを手にしたのも初めてのことでした。賢者モードに入った私は、洗濯機の中に義妹のパンツを戻し、リビングで晩ご飯をいただきました。

その後、風呂から上がってさっぱりしている義妹と談笑しましたが、かなり罪悪感を感じました。
その日は賢者モードに入っていたせいもあり、二度とこんなことをしてはいけないと自分の心に言い聞かせました。

それから数日後、先週の土曜日の朝のことです。それは突然の出来事でした・・・

私はその日、キスの感触で目が覚めたのです。唇が離れる瞬間にプルンッとした感触。
びっくりしましたが、恐る恐るうっすら目を開けると、そこには義妹がいたのです。
クリンとした目で私の顔を覗きこんでいるようでした。義妹の髪の毛が私の顔に触れているくらいに近い距離で。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:8640
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space