夏休みが楽しみ
1/2ページ

大学1年生です。今年の春上京してきました。
このGWは,受験勉強から開放され,友達とナンパでも
しにいこうか,と思ってましたが,「予定」が出来ました。
中3になる妹の圭子が,僕とは違い,今年が受験だということで,
最後に思いっきり遊びたい,と,1人で東京に出てくるのです。

「カノジョがいたら遠慮するよー」と笑ってましたが,
悲しいかな,問題なし。5月1日に新幹線で上京してきました。
改札を出てきた圭子は,田舎くささを多少感じましたが,
精一杯のおしゃれをしてきたらしく,自分の妹ながらかわいい。
鈴木あみを少し田舎っぽくした感じでした。
「彼氏と会うわけじゃないのにそんな張りきってどうしたの?」
と言うと,顔を赤くして「ばかぁーっ」と照れています。

その日は,ディズニーランドで,人を掻き分けて遊びました。
圭子は,ずっと僕と腕を組んで離しません。
「だって圭子はお兄ちゃんのカノジョだもん。私大好きだもん」
と,恥ずかしいセリフを大声で言います。
その時は,初めての都会でテンション上がってんのかな,と
特に気にしませんでしたが・・・ちゃんと訳が・・・・・・・

夜,アパートに戻ってきて,一緒に銭湯に行きました。
帰り道,Tシャツ短パン姿の圭子は,妙に色っぽかった。
石鹸の匂い,透けてる下着,そして思ってたよりいいスタイル・・
部屋に帰り,ほんの少しですが圭子にもビールを飲ませると,
ほのかに赤くなり,ますます色っぽく見えました。
それでも,「その気」はまったく頭になく,僕は狭いベッドに
圭子を寝かせると,畳に座布団を敷いて横になったのです。
すると…「おにい…ちゃん…?」と,圭子の声。

「久しぶりに一緒に寝ようよ・・ねえ…」「ばーか,早く寝ろよ」
「いいじゃん,小さい頃よく一緒に昼寝したよねー」
「もうお互い大人だろ,小さい頃と違うんだよ」
すると,しばらくして,すすり泣く声がしてきました。
「どうしたの,おーい,圭子ーぉ」
僕はガキだなー,親元じゃないと淋しいのかーと,起きて
いくと…。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:7881
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space