妹にはまってます
1/4ページ

妹、マジ可愛いっす。
すげえ恥ずかしがり屋で、目をギュッてつむって頬を赤く染めながら
「あっあっ、お兄…ちゃ…やっ、んんっ…」
って可愛い声で喘いでいるのを見るともう…。
裸で抱き合うだけでハンパなく気持ちいいです。
もちろん挿入も。今まで付き合ってきた女とは全然違う…。

背徳感とか気持ちの問題もあるだろうけど身体が合うって実感してます。
妹とのセックスにはまってます。ヤバイっす。

マジ、ヤバイっす。俺彼女いるのに…酷い兄貴っす。
妹高3。俺大2で3月から一人暮らし。
そこに俺を慕ってた妹が遊びに来て……です。
妹、可愛いんだけどイジメられてたことがあって、すげえ引っ込み思案。
でも俺には懐いてて家に居た時も俺のベッドに潜り込んできたりしてた。
家なら他の家族がいるからおかしなことにはならなかったけど
二人きりじゃ理性保てなかったです。

ベッドの中で妹に後ろから抱きつかれて、背中にポヨンポヨンって
おっぱいがあたる感触に勃起&理性ぶっ飛び。
しばらく妹のおっぱい揉み揉み、ちっさい乳首コリコリ。
「お…お兄ちゃん…」って妹の声に我に返って
「ご、ごめっ…マジごめんな」って謝る俺。
そしたら…妹に泣きながら告白されました。

正直ヤバイって思いましたよ。
友達が居ないって程じゃないけど、おとなしくて内気な妹だから
異性への愛情と兄を慕う気持ちをごっちゃにしてるって思った。
泣いてる妹にそのことを説明しました。でも妹も必死で、

「すごく悩んだよ!よーく考えたよ!でもっ…お兄ちゃんが好き!」
とかって言うんです。おとなしい妹が激しく気持ちをぶつけて来たことに驚きました。

ちょっと胸がキュンってなって妹がすげえ愛しく思えました。でも正直うろたえもしました
んで俺、黙って妹のTシャツめくっておっぱいむき出しにしたんです。
案の定、妹は「あっっ!」って急いで両手で胸を隠しました。
「これからもっともっと恥ずかしいことをするんだぞ。
 俺とそんなことする覚悟なんて出来てないんだろ?」
ってちょっと怒りながら言ったんです。そしたら妹はゆっくり手をどけて

身体の横に置きました。ベッドの横のスタンドの薄暗い明かりでも
わかるくらい顔が赤くなってて、そんな妹を見てたら悲しいような
嬉しいようなせつない気分になりました。

そしてわからない気分のまま、妹のちっさいピンクの乳首を吸いました。
妹はピクッて身体を固くしたけど抵抗はしなかった。
呼吸は荒かったけど感じて喘いでる風ではなかったです。
だからだんだん可愛そうになってきて俺もちょっと萎えてきました。

で、妹が濡れてなければそれを理由にして、こんなこと止めようって思いました。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:8637
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space