エアコンが壊れたので[2]

「おいっ!マジかよっ!」そう思いもしながら決して声には出さず、平静を装って横目でチラチラと見ていた。
そんな俺の視線に気付いていたのか、いなかったのか、何の躊躇いも無くブラをスパッと脱ぎ捨てた。
そして「はぁ〜涼しくて気持ちイイ〜♪」とソファーに座ったまま両手を高々と上げ、上半身を伸ばしながら言った。
更に「そーだよね!昼間はお兄ちゃんと2人だけなんだもんね♪暑いの我慢して服着て無くても良かったんだよねぇ」と、俺を見つめながら微笑みながら言ってきた。

その事に俺は「ま…まぁな、梓さえ良ければな…」そう言うのが精一杯だった…
無理も無い、目の前には妹ながら可愛いと思っている娘がトップレスで居るんです!興奮しないわけが無い!
「だよねぇ〜♪もっと早く気付けばよかった〜」そう言うと、さっきまでとは少し違った…涼しくなった為か穏やかな表情でソファーに座り直し、背もたれに身体を預ける様な格好で再び携帯を弄り始めた。
そんな姿を俺は横目で眺めていた。そして、妹が巨乳である事に今更ながら気が付いたのであった。俺は何気に「なぁ、梓…」「なに?」携帯の画面から目を離さず返事をする妹に「バストサイズいくつなんだ?かなりデカクないか?」と尋ねてみた。

すると帰ってきた答えは「いくつだと思う?」だった…
俺は、まぁ素直に教えるわけ無いよな…適当に誤魔化すんだろうなとは思ってみたものの、ちょっとマジで知りたかったから、「え〜クイズかよ〜?じゃあ、もうちょっと良く見せてよ?立ってさぁ〜」と言うと、「いいよ〜」と言って素直にその場に立ち上がった。そして両手を腰に当て両胸が良く見える様にしてくれた。
俺は思わず心の中で「お〜!♪」と叫んでしまった。俺はなんとしても、その巨乳に触れないかと思案し、取り合えずバストサイズを言い当ててやろうと、自分のウエストサイズと比べてみようと、両手の掌を広げて腰に当てて小指同士をくっ付けて親指と親指との隙間がどれくらいか見て見当を付けてみた。

「えっと、俺のウエストが88でこの位の隙間だから…」そう言いながら、妹の背中に回って、今度は親指同士をくっ付けた掌を妹の胸の丁度真裏にあたる背中に当てて小指の位置を確認した。すると乳房の真横より少し付け根辺りに小指があった。「この辺って事はぁ…俺のウエストよりも大きいと見たから…90センチは超えてるな…?」と、ちょっと様子を伺うような問いかけをしてみた。「ん〜結構鋭いかもっ!…じゃあ大サービスね♪90いくつだっ!?」と言ってきたので益々俺は真剣に考えて、パッと見95位かなと思ったけど、「超〜大サービス!90前半♪」の言葉に惑わされて、「92センチか?」と答えると「あっ!惜しいっ!正解は93センチでした♪」う〜ん残念…と思っていると、「でもそのサイズは春の身体測定の時のサイズだから、実際はもう少し大きくなってて94か95位かも?」

「マジ?最初俺は95かと思ったけど、前半って言うから…って、95センチ!?かよっ!何時の間にこんなに成長したんだっ!?」そう言いながら俺は後ろから両乳房を下の方から持ち上げるように鷲掴みして、その感触を味わった。当然、梓は嫌がると思い、そしたら直ぐに止めるつもりでいたが、以外にも「いや〜ん♪お兄ちゃんのエッチィ〜♪」と、キャッ♪キャッ♪と、まんざらでもない様子だったので、もう少しモミモミしながら、「そうだ!今から身体測定しようぜ!今現在のバストサイズ測ってやるよっ!」そう言って、梓にメジャーを持ってこさせた。
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:5624
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space