エアコンが壊れたので[5]

「あっ!おっきい〜♪太〜い♪壊れちゃうよ〜♪」ゆっくりと腰を下ろし俺の肉棒をしっかりと咥え込んでいく…奥まで入りきったかと思うと「はぁ〜ん♪」と大きく一息吐くと、そのまま俺に上半身を倒れ込んで来た。そして、「お兄ちゃんの、大きくて気持ちイイよ〜♪」と耳元で囁くと、唇を重ねてきた。それに俺は応えて舌を絡ませ、これ以上に無いってくらいのキスをした。どのくらいキスをしていたのか分からないが、スッと顔が離れ梓がニッコリ微笑み、だけど照れ臭そうな表情がマジで可愛く思えた瞬間だった。その時ふと、今自分達は「生」で繋がっている事に気が付き、「なぁ梓、生で入れてるけど大丈夫か?」とストレートに聞いてみた。「うん♪今日は大丈夫な日だから♪」と妙に嬉しそうに答えた。

それに疑問を持った俺は「お前いつも生でしてるのか?」と今度はちょっと強い口調で聞いてしまった。すると「何時もじゃ無いけど…時と場合によってね…私だって妊娠はしたくないからね」と苦笑交じりに答えた。とにかく今日は大丈夫と言う妹の言葉を信じて今は生でやらせてもらう事にした。そんなやり取りの後、梓が自分から腰を動かし初めた。最初はゆっくりと抜けそうなくらいまで腰を浮かすと、再びゆっくりと腰を沈め肉棒を膣奥深くまで咥え込んで行った。梓が言うほど俺のムスコは大きいのか分からないが、梓の膣内はさほど締め付けが強いわけでもなく、だからと言って緩いわけでもない。むしろ丁度良い感じと言っていいのだろうか?生挿入にも関わらず、直ぐに射精感が込み上げるわけでもなく、かと言って気持ち良くない訳でもない。ホント絶妙な擦り具合なのだ。

それは梓も感じている様で、腰の動きが徐々に早くなり、それに合わせて俺自身も腰を動かし、快楽を共に味わった。すると何時の間にか主導権は俺にあり、腰を動かしつつ両手で巨乳を鷲掴みし、たまに乳首を刺激し、ついに梓はイッてしまい俺に倒れ込んで来た。
暫く抱き梓の呼吸の乱れが整え終わるのを待って、今度は対面座位で再び攻めて行った。一度イッた梓は敏感に反応し、直ぐに二度目もイッてしまった。今度は後ろに倒れこみ、正上位の形になったので、すかさず俺は腰を振りまくって、三度目もイカせた。

はぁはぁと荒い息で「お兄ちゃ…ん、スゴ…イ…♪何でこんなに気持ちイイのかな?こんなに大きいのじゃ痛いだけかと思ったのに…やっぱ兄妹だからなのかな?ウフ♪」と言ってきた。それに俺は「そーだな、兄妹だから相性がいいのかもな」とだけ答えた。そんな事を言うぐらい俺はまだ余裕があったから、今度はバックの体勢にして後ろから突いてやった。すると「キャッ!」と悲鳴を上げたかと思ったら「アッ!アッ!スゴッ!イッ!あたっ!るっ!奥に!当た…るよっ!気持ちイイよ〜♪またイッちゃう〜♪」と今まで以上に感じている様だった。そんな梓に共鳴するかのように俺もかなり気持ち良く、やはりバックはどの女にも共通して射精感が強く増す程、気持ちが良い様だ。

しかも今は「生」薄っぺらいゴム一枚でも、あると無いとでは大違いに思えた。俺はこのまま中で果てたいと思ってしまった。だがやはりそれはヤバイよな…と思ってはみたものの、妹…梓さえ良ければと勝手な判断をし、げとストレートに中出ししたいなんて言ってもきっと素直にOK!してくれる筈も無いだろうから、俺は中で出しても仕方ない状態にもっていって、そこで梓が嫌がれば諦めるし、満更でもない様子だったら一か八かの勝負へ出てみようと一人結論を出し、行動に移した。
もっと読む
もっともっと読む
もっともっともっと読む

ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:3188
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space