中学教師の兄
1/1ページ

わたしと兄が、関係を持ったのは2年前の事。まだ中学校にあがったばかりのわたし
は、中学校の理科の教師をしている当時28歳の兄にいろいろ教えてもらいました。
わたしが生まれてすぐに母が他界し、兄と、父と、わたしの3人で生活していました。

けれど、父も、5年前に亡くなり、今は兄と2人で生活しています。
ある夜、部屋で勉強をしていると、兄が入ってきて、突然わたしを抱きしめたのです。
「どうしたの?お兄ちゃん」と聞くと、「お前の事が好きだ。でも、兄妹でそんな関係
になっちゃダメって事は分かってる。でも、お前の事が忘れられない。」と言い、わたし
をベッドの上に押し倒したのです。
許されない恋だとわかっていても、わたしも兄の事が好きだったので、わたしは兄を

受け入れたのです。甘くて激しくて、長い兄とのディ−プキスは、兄が、わたしへの誕生
日プレゼントでした。
ふくらみかけた 胸を激しく揉み、そのあと唇を下半身へと移していき、ぐっしょり
濡れたわたしのアソコに顔をうずくめ、わたしのアソコを兄は、舌で責めまくりました。

「あっ....。んっ、気持ちいい・・・・・・。」そういいながら、体をびくつかせ
ていると、「さえ、これならどうだ...?」そういいながら、兄はわたしのアソコを指
でかき回していました。
あまりにも気持ちがいいので、イってしまったわたしに、和博(兄の名前)は、わた
しに、ペニスをしゃぶらせてくれました

すでに突起して、硬くなった和博のペニスは、わたしではくわえきれないほどでし
た。おしゃぶりも終わり、和博とわたしは風呂場まで行き、浴槽に栓をすると、わたしを
浴槽の中で四つん這いにさせ、バックで突然突いたのです。
何をするのかと思えば、和博は、わたしのアソコをバックから突いたのです。激しく突
かれ、「あっ・・・。イッちゃう...。ああっ。」その瞬間、和博のペニスからは、ど
くどくと、精液がわたしのなかに放たれていました。

和博がペニスを抜くと、わたしのアソコからは、和博の精液が噴水みたいに逆流してき
たのです。
それからは、兄と、毎日のようにお互いの体を求め合っています。

ケータイ官能小説トップ








Total:7542
今日:2
昨日:2

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space