アフタースキー[1]

2月の3連休を利用し、スキーに行った時の事。
本当は彼女と行くつもりだったが、叔母さんの容態が悪くなったらしく、間近になってキャンセルされて・・・
事情が事情だけに、仕方ないと言えば仕方ないが、楽しみにしてたから、俺凹んじゃって。
でも、どうしてもスキーにだけは行きたくて、友達に声をかけてみたけど、急な事でみんな×。
「一人で行くか?」なんて考えたりもしたが、それはそれで、なんか寂しいしね。
諦めかけたが、妹(サトミ、19歳、専門学校)に声を掛けてみた。
ま、ダメ元だけど。

妹のヤツは運動オンチで、スノボも含め、スキーなんてやった事がない。
ましてや俺とも、そんなに仲がいい訳じゃなく、二人で遊びになんて行った事もない。
どうせ「きもい」とか「うざい」とか言われ、軽くあしらわれると予想していたのだが・・・
予想に反し、「お兄ちゃん、連れてって」と・・・
妹のヤツ、普段は「兄ちゃん」と言うくせに、頼みごとする時だけは「お兄ちゃん」になる。
俺にしてみたら、彼女と行くにしても一人で運転する訳だし、誰でもいいから、眠気覚ましの話し相手が欲しかったってのが本音。
要は、一緒に行ってさえしてくれれば、相手は誰でも良かった。
これでスキーに行けると、ただそれだけが嬉しかった。

妹のヤツ、生まれて初めてのスキーって事で、意外と燃えていた。
ウェアや帽子、グローブやゴーグル、おまけに靴まで、多分親父にねだったのだろうが、あっさり揃えやがった。
大体親父も甘いよな・・・
俺なんか、大学時代のバイト代を溜めて、どうにかこうにか買ったんだし、板なんて、働き出してやっと買ったってのに。
ど素人のくせして、「ellesse」のウェアなんか買い、俺に見せびらかす妹を見て、少し腹立たしく思ったりしたよ。
男親って、どうしてこんなに娘に甘いかね?

そんなこんなで金曜日の夜、仕事が終わって帰宅するとすぐ、助手席に妹を乗せて、俺は芸北に向けて出発した。
芸北には、スキー専用のゲレンデがあり、俺はそこがお気に入りで。
あまり綺麗ではないし、広くもないけど、安心して滑れる所がいい。
あっ、ちなみに俺んちは福岡市ね。
出発するや否や妹のヤツ、30分位ベラベラと喋ってたと思ったら、急に寝ちまいやがって・・・
俺は暗い車内に一人って感じになってしまった。

「一緒に行く意味ねぇじゃん」
一人呟きながら、俺は車を走らせた。
元々眠くなる高速では行く気がなくて、3号線、2号線をひたすら走り、4時前に芸北国際に着いた。

土曜日は、俺は滑りっぱなし。
ど素人の妹が、俺に着いて来れるはずはないから、スクールの一日コースに強制入学。
俺が教えると、俺自身が滑れなくなるし、きっとイライラしてスパルタになるし、俺の為にも本人の為にも、金はかかるがそれが正解だと思う。
ところが夕方になって、俺がいた上級者コースに、妹が上がってきた。
「大丈夫か?」と心配したが、こけ方をちゃんと習ったらしく、とりあえず怪我はしなかったね。
ってか、そこそこには滑ってたよ。
ちゃんとスクールで覚えたからか、ボーゲンはナカナカ様になってて、ちょっと驚いた。
2、3回、一緒に上級を滑ったかな・・・
日も暮れて来たので、初日はそれで終わり。

その夜は、広島市内のウィークリーマンションに泊まった。
「彼氏と来たかったな〜」なんて、妹のヤツ・・・
それは俺のセリフだって!
翌日昼には、こっちを発つつもりだからね。
運転で疲れてたし、明日に備えて早く寝なくっちゃ。
シャワーを浴び(もち、別々ね)、コンビニ弁当を食べ、さっさと寝た(当然だけど別々)。

翌日、スキー場に急ぐ車の中で、「今日は一緒に滑ろうね」と妹が・・・
「そりゃいいけど、こけても待っててやんねぇぞ」と冷たく言う。
妹に対する兄の態度なんて、みんなそんなもんだ。
そしたら妹、「誰か優しい男の人、ナンパしてくれないかな〜」だって。
ナンパは期待できないのが、このスキー場。
スキーヤーばかりだから、そんなに若いのはいないって。

ま、そっちの方が、俺にしてみりゃ都合いいんだけどね。
ところが妹、一緒に滑ってみたら、今日は意外と転ばずに、遅いなりについて来やがる。
振り切ろうと思えば振り切れるが、こけないなら、あえて振り切る必要はない。
結局止めた昼過ぎまで、ずっと一緒に滑ってた。

スキーを終え、さぁ帰ろうと思ったが、妹のヤツ、「折角広島まで来たから、お好み焼きを食べよう」とか言いやがって。
芸北にはよく行くし、広島市内のウィークリーマンションにもよく泊まる俺だが、そういやお好み焼きは食べた事ないな・・・
なんて考えたのが甘かった。
お好み焼きを食べ終え、車に乗った時はもう夕方。
満腹になった事で、若干眠気を覚えた俺。
そんな俺に、「宮島にも行ってみたい」って、「彼氏と行け!」って話し。
「いいじゃん・・・連れて行ってくれても・・・」
拗ねた妹を宮島まで連れて行く、俺は優しい兄貴だ(爆)。
でも宮島に着いたら、既に真っ暗で(笑)。
何も見えやしない。
落ち込んだ妹をからかいながら、そのまま2号線を下って行った。
高速で帰れば良かったんだけどね・・・
可愛い彼女の作り方
猛暑の夏は出会いやすい

ケータイ官能小説トップ








Total:5354
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space