兄とお医者さんごっこ
1/1ページ

高1のゆみです。私がが5年生の時でした。兄とお風呂でふざけていたのがきっかけでチョ
ッとHな事をするように成ってしまいました。
最初はお風呂で体に触るだけだったのに、部屋でもたまにいちゃいちゃしながらお尻とか、
胸を触ったりしてふざけあう事が増えました。
ある日、両親が外出している時に、兄がTVゲームに誘って来ました。
私は、兄と遊べると喜んでいました。

そこで、兄が私に言ってきたんです。『TVゲームで遊んで負けたら、罰ゲームとして相手
の言う事聞く。イイ?』私は直に『いいよ』と返事。
しかし、30分後ゲームは兄が勝利でゲームを終了。
兄は『約束だから罰ゲームね』と言い。
私に、『お医者さんゴッコをして遊ぼう』と言い、私は患者役をする事になりました。部屋
も兄と同じで2段ベットも有ったので、ベットに座らせられました。
兄『何処か痛いとこは?』

私『・・・』(首を傾げる)
兄『じゃあ、まず上から見ていこう』と言い上着を全て脱がし、まだ大きくなっていない胸
を中心に触られました。
私『くすぐったい〜』

兄『患者さん、もっとちゃんと診ないと解らないのでベットに寝てください』
私:素直にベットに寝る。
兄『じゃあ、今度は下を見ますから』
私『え〜』
兄『何処か悪い所がないか見ないと解らないから』
私:ブルマとパンツを一緒に、一気に脱がされてしまいそこには、無毛のおまんこがピッタ
リ引っ付いて一本のスジだけで丸見えになってしまいました。
兄はおまんこを舐め始めた。最初は、脚を閉じたままの状態だったけど、脚を開かされてお
まんこを舐められた時に変な感じだったので
私『ちょっと、くすぐったい』
兄『じゃあ、ここをもっと調べる為に注射しますから、ちょっと目を閉じて』

兄はそう言うと直に裸になり、私に跨り、おまんこにおちんこを押し当ててきた。
兄『今、注射してるからね』
兄は私を抱きしめながら、おちんこをおまんこに擦り付けていた。しかし、直ぐに限界が着
たようで、私を抱きしめたまま射精してしまった。
私『何?お兄ちゃんオシッコもらしたの?』
兄『ゴメン、お兄ちゃんオシッコみたいなの出ちゃった』
兄はテッシュで私のおまんこと自分のちんこを拭き、直ぐに、2人で風呂に入った。その時
に、風呂で、兄とお医者さんゴッコをする事を約束して依頼、お医者さんゴッコが只のHに
なるのに時間は要らなかった。兄は、私にお風呂でオシッコを見たいとか、おちんちん咥え

てとか、色々言って来るようになり。段々Hになっちゃいました。そして、Hな事をする場
所がお風呂から部屋に変わり。中1の私の誕生日の次の日におにーちゃんと最後までしちゃ
いました。まだ、生理も来ていないので、そのまま中にいっぱい出して貰いました。

私って、結構、生理が遅く中2の冬まで来なかったのでチョッと心配でした、だって下の毛
も殆ど生えてこないんだもん。でも、それまでは妊娠の心配が無かったのは良かったん
だけどね。
今は、家よりホテルでのHが多くなってるかな、でも兄貴がセーラー服のままHしたいとか
、今でもおしっこ見たいとか、ちょっと恥ずかしいかな、このまえ、車でパンツを脱がされ
、コンビニへ行った後、ホテルの駐車場の影で後ろから抱えられてオシッコをしたときは凄
く恥ずかしかった。でも、その後のHが最高にかんじちゃった。あ〜ぁ、みんな私がこんな
にHな事をしてるなんて知らないだろ〜な、学校じゃあ、猫かぶってるし、まあいいや、で
も他にもこんな事してる子いるのかな?彼氏できなくなっちゃうよね。まあ、しばらく要ら
ないけどね。

ケータイ官能小説トップ








Total:8667
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space