胸が大きい妹と
1/3ページ

3歳年下の妹を意識し始めたのは彼女が中2の頃。
妹が風呂に入っているとは知らず、脱衣所に入ったら裸の妹がびっくりして
「ちょっとぉ、何で入ってきてるの!」
と言ってタオルですぐ体を隠したが、自分にはしっかり妹の発達した体が見えた。

その時は
「何だ、入ってたのか。ゴメンゴメン」
と興味がないのを装いすぐその場から離れたその日の夜・・・初めて妹でオナニー。

その後しばらく【背徳感】を感じつつも妹をオカズにオナニーを続ける日々が続く。

妹が高3になりグラビアアイドルのように胸が大きくなった。
二人で話している時はつい胸に目がいってしまう事が多くなる。

たまに胸を見ている事を気づかれて
「何ジロジロ人の胸見てんの、気持ちわるい」
と冗談まじりで言われたが、もともと妹とは下ネタOKな関係だったので
「いや…なんかさぁ・・・お前最近本当に胸大きくなったよなぁ・・・」

と普通に言うと
「ん・・・確かに最近大きくなったんだよねー」
こんな"たまらない"会話をした。

それから数日後、父親の知人の結婚式で両親が関西に泊まりで行く事になり、
その話を聞いた時
「もしかしたら」
という考えが頭を過ぎる。

妹は大学受験をしないで、美容師の専門学校に行く事が決定していた。
毎週土日はいつも遊びに行って家にいないので
「・・・何にもないか・・・」
とすぐ現実に戻った。

朝両親を見送り、仕事も休みなので部屋でゆっくりしていると昼の3時ごろようやく妹が目を覚まし部屋から出てきた。
「おまえなぁ・・・昨日何時まで起きてたんだよ。おやじ達もう出かけたぞ」

「あっそうなんだぁ・・・今日どうしよっかなぁ〜」
「どうせどっか遊びに行くんだろ・・・?金は貸さないからな」
「今日はどこもいかないよ。友達皆受験で忙しいんだってさ」

「お前だけ暇って事か・・・まぁたまには家で過ごすのもいいんじゃねぇ?じゃ、俺は適当に部屋でダラダラしてるわ」
「それならお兄ちゃん、この前アレ買ってきたんだから夜映画でも見ようよ」

アレとは先日自分が買ってきたホームシアターセットです。
「いいよ、ビデオ屋行く時声かけて」
と普通を装っていましたが・・・ぶっちゃけかなり興奮してました。

【両親はいない】 【妹は出かけない】 【二人で映画を見る】

もしかしたら・・・という気持ちがどんどん大きくなっていった。

夕方になり、晩飯買い出しがてらレンタルビデオ屋へ。
妹は前から見たがってた恋愛映画を探している、自分は別の映画が見たかったが強引に押し切られてしまった。
暇だったのでチョロっとアダルトコーナーで女子高生モノのビデオを探っていた。

いつのまにか妹が後ろにいて、
「お兄ちゃん制服マニアなの?今度私の制服貸してあげようかぁ?」
「バーカ、制服借りてどうすんだよ・・・俺が着んのか?」
「そっか・・・じゃあ私が制服着てる時はいつもムラムラしてるんだ・・」

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:11068
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space