二卵性双生児の妹と
1/3ページ

僕と妹のY美は双子の兄妹。男女の双子は必ず二卵性なので、同じ顔とは言えないけど、
同い年の兄妹なので、小さい頃は身長や体つき顔もそっくりだった。
僕らは小さい頃から、ひとつの布団で抱き合うように寝ていた(別にやらしい意味でな
く、抱き枕の代わり)。
小学5年くらいから、僕も妹も相手に異性を感じ、親にばれない程度に下半身を押し付

けあうになっていた。6年生になる頃には、お互いのパジャマに中に手を入れて、オナ
ニーを手伝い合うようになっていた。
オナニーの手伝いと言うのは、布団に包まったまま、パジャマを着たまま背中から抱き
つき、相手のアソコを可愛がること。僕が射精するようになってからは、ズボンを太も
もまでずらしティッシュをあてがうようになった。その頃から、妹も濡れる量が多くな
り、逝けるようになっていた。
中学に上がると同時に、部屋を別々にして貰えたが、お風呂と夜寝るとき以外はほとん
ど一緒だった。

ゲームや勉強をしているが多かったけど、たまには親の目を盗んで、オナニーもしていた。

妹と初めてしたのは、5月の連休の少し前。両親が遠くの親戚の結婚式に出向いた時。
久しぶりに二人きりになれて嬉しかったので、夕方から妹の部屋に行って、オナニーの
手伝いを始めた。
妹のアソコを触っている時、何気なく「Y美、胸大きくなったなぁ」と言ったら、妹は嬉しかっ
たのか「触ってもええよ」と言ってくれ、パジャマの上着を脱ぎスポーツブラも脱いでしまっ
た。
以前は布団の中で触るだけとか、見るだけだったので、背中越しに見ながら触れる事に
僕はとっても嬉しかった。
両手で優しく胸を揉んでいると、「下も忘れんといてや」と妹から催促の声。ついでと
ばかりに妹は、太もものところまで下げていたパジャマとショーツも完全に脱いでしま

った。
もしかして全裸の妹を愛撫するのは始めてかなぁと思っていたら、「お兄ちゃんもパジ
ャマ脱いで」と甘い声で誘ってきた。

僕も手早く全裸になって、妹を背中から抱きかかえて続きをした。いつもはパジャマ越
しだった僕のアレが、妹の柔らかいお尻に当って、とても気持ちが良かった。
妹も、僕のアレが当っているのが気になるのか気持ち良いのか分からないが、お尻をも
ぞもぞさせながら、いつもよりずっと早く逝ってしまった。
「いつもより濡れてるね」って、僕の手を妹の目の前に持っていったら、妹は「うん、すっご
く良かった」って愛液で濡れている僕の指をしゃぶりだした。指をしゃぶるなんて初めての

ことで、僕もとても興奮してきた。
妹は一通り僕の指をなめ取った後、「次はお兄ちゃんね」とそのまま体を反転させ、前か
ら僕に乗りかかるようにしてきた。そして、そのままずるずると体を下にやって、僕のアレ
を両手で包むようにして、優しくしごきだした。
妹の膨らみ掛けた胸が、僕の太ももに当るのが見えて、その感触と共に感動すら覚えた。
妹は胸だけでなく、アソコも僕の足に擦り付けるようにしていて、その濡れた感触が気持ち
良かった。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:7704
今日:2
昨日:2

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space