処女姉に自慰を…
1/4ページ

オレは姉(22)にオナニー見せてやった。
今とオレの部屋しかテレビがないので
いつも決まって俺の部屋にテレビを見に来る時間がある。
そのときにわざとオナニーしながら待ってたんだ。
姉はなんと処女!天然記念物w
オレ的にはカワイイと思うのだが、
友達に言わせるとブスじゃないけど、地味で冴えない感じだと。

まあ当然驚いていたわけだが

オレの姉は22歳で、
赤いオサレメガネ着用、黒髪ポニーテール。いつもジーパン。
どうだ?モテそうにないだろ?w
しかし素顔は結構カワイイとオレは思う。
いつも自信なさそうな表情をしていて、仲のいい友達は3人しかいない。
かなりの人見知りだが、その3人とオレにはいっぱいしゃべる。
男と付き合ったこともなく、当然処女だ。
しかしHなことには興味持っていて、オレがいつも下ネタをふると
赤い顔しながら色々聞いてくる。

はっきり言おう。オレはそんな頼りない姉が好きだ。
姉にもっと近づきたい。
別に付き合いたいとかセクースしたいとまでは思わないけど。
そんなある日、オナニー見せたらどうだろうと思いついた。
オレはちょっとMっ気があるらしく、裸を見られるというシチュエーションに興奮を覚える。

そしてある計画を立て実行した。

オレの下半身を見たあと、姉は「ゴメン!」と言い、自分の部屋に帰っていった。
ズボンをはき、追いかけるオレ。

「ゴメンね。ゴメン!」と謝る姉に

「姉ちゃんが謝ることないだろ。オレは別に気にしてないよ。
姉ちゃんになら見られても平気だよ。」と、いつになく優しい口調で言ったやった。
赤くなり黙っている姉に「オレのチンコ見てどう?」と聞く。
「一瞬だったからよくわからなかった」と姉。

「ちゃんと見たい?いいよ。見ても」
「姉ちゃんも知っておいた方がいいよ」
「今は母さんがいるから、今度の土曜に勉強会しよう」

こんな感じのことを言った。
土曜は両親が遠出するので朝から夜まで二人きりなのだ。
姉は黙っていたが、NOとは言わなかったので
OKと解釈し、「じゃあ土曜ね」と部屋を出た。

翌日、メールで
「土曜は一緒に風呂入るよ。それから夜まで全裸で過そう

別にセックスしようって行ってるわけじゃないから心配するな」と送る。
変態だなw でもやってみたかったんだよ。
一日中全裸っていうの。

当然、反対されるだろうと思っていたわけだが返信がこない。
家に帰ってテレビの時間になっても来ないので呼びに行く。
やはり顔は真っ赤だ。
CM中に切り出す。
「メール見た?」
「うん」
「嫌ならいいけど」
「・・・・・・興味あるし・・・でも私も脱ぐの?」
「うん、オレも見せるんだからいいでしょ?」
明確な返事はもらえなかったが
どうやらOKのようだ。

そして土曜日。

まず、普通に朝食をいただく。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:12617
今日:1
昨日:2

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space