妹に目撃された
1/9ページ

今年の夏休み。両親は仕事、姉は部活に行っていました。俺と妹が家に残ってテレビを見たりゲームをしたりと暇を潰していました。
ちなみに、俺が17(高2)で妹が16(高1)です。

俺が一足先に部屋に引き上げて、勉強をしていたのですが、ムラムラきて、友人にもらったオナホールを使ってみようと思ったわけです。早速AVをビデオデッキに入れて、イヤホンを耳に挿し込んで準備完了。

ちなみに恥ずかしい話ですが、俺は仮性包茎です(汗)

最初は先端を入れようとしても痛かったので、ローションで亀頭を濡らしてから中に挿れました。これがなかなか気持ち良く、夢中で上下させていたのですが、そこで間の悪い事に妹が部屋に入ってきてしまいました。普段からノックしろと言っているんですが、全然効果は無かったみたいです。

「えっ・・・ウソ、何してんの?」
「いや・・・つーか、聞く前に扉を閉めろよ」
「あ、うん」

お分かりとは思いますが、扉を閉めろというのはつまり「出て行け」という意味です。ところが、妹はなぜか部屋の中に入ったまま扉を閉めました。

「それオナホールってやつ?お兄ちゃんはそういうの使わないと思ってたけど。へ〜、意外」

さすがにそのままの状態でいるのも気まずかったので、オナホールを抜いてパンツを履きました。

「うわ、結構グロイね」
「悪かったな。つーか男のなんて勃起してれば全部グロイの」

パンツで隠してあるとはいえ、まだ勃起は収まってなかったので、妹はジロジロと見て
きます。つーか、少しは恥らえと。
「ねぇ、まだイってないんじゃないの?」
「そりゃ、途中でお前が入ってきたからな。つーか早く出てってくれよ。俺だって恥じらいってもんがな・・・」
「じゃあ、それ使わせてよ。私がイかせてあげるから」

そう言って妹が指差したのは、俺が使っていたオナホールでした。

「バカ言ってるんじゃねぇよ。ほら、とっとと出てけ」
「ふーん、そんな事言ってて、まだ勃起してるじゃん」

否定出来ませんでした。妹とはいえ、年頃の女の子に見られたというのは、恥ずかしくもあり、同様に酷く興奮してしまいました。それも妹は容姿だけみれば、なかなかの美少女だったので尚更です。

結局、押し切られる形でオナホールでのオナニー援護という前代未聞の状況になってしましました。俺が寝そべって、妹がオナホールで俺をイかせるという状況です。

「お兄ちゃんのって結構大きいんだね。オナホールが入らないよ」
「ああ、ちょい貸してみろ」

言って、オナホールの中にペニスを挿し込む。皮が捲れて、軽い痺れが走った。

「ほれ、これでいいだろ」
「ありがと。ふーん、これって気持ち良いの?」
「ああ。男ってのはそんなもんだ」
「ふーん」

妹はまずは優しいタッチで、オナホールを上下させ始めました。まだ痺れ自体は微弱だったのですが、自分以外の人にやられていて興奮したのか、普通に手でするよりずっと気持ちよくなっていました。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:6692
今日:2
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space