処女姉に自慰を…
2/4ページ

「姉ちゃん、風呂入るぞ〜」明るく誘ってみた。
姉 「覚悟ができない」 
オレ「深刻に考えるなよ。姉弟で風呂はいるだけだろ」
まだ迷う姉。
そこで変態○くんはおもむろに服を脱ぎだす。
「さあ、行こう!」 目をそらす姉。
「先に入ってて」

10分ぐらいたったかな?意外と早く決断したようで姉が入ってきた。

タオル巻いてるだろうなと思ってたら
全裸でキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
昔からそうだが、一度覚悟を決めると姉は完全に吹っ切れるのだ。

湯船から姉の体鑑賞!
・・・・想像通りの幼児体型・・・。
胸はBぐらいか。
毛はそれなり。薄くも濃くもない。

「とりあえず洗いっこしよう」
オレには最初から恥じらいはない。
体をみせつけ、洗ってもらう。
だがなかなか肝心なところにこない。見もしない。
「チンコも洗って」
強引に姉の手をチンコに持っていく。

動かさない。

ボッキ?してないよ。たたなかった。やはり姉だからか?

じれったいので姉の手の上から自分で洗う。
姉、目が釘付けw でもはっきりは見えてないんだろうな。
あと、終始無言。顔はおなじみマッカッカ。

さすがに触られると勃起しそうになる。
なんかいやだったので、そこでやめてもらい
攻守交替する。

まずは背中からだ。
優しく丁寧に洗う。
わき腹を突っついてみる。
「あっ!」とうめく姉。
・・・・・「これだっ!!」

オレはすかさず、くすぐり作戦を決行!
「きゃはは!くすぐったいよー、やめてー」
漫画みたいなリアクションキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
姉もシャワーで応戦する。
オレもおっぱいをモミモミ!
こんな感じでしばしじゃれ合う。

これだよ、オレがしたかったのは!
この明るく爽やかな裸のふれあい!
最高だ!

姉のテンションも最高潮!
ここでオレはついに一歩踏み出した!
「姉ちゃんのおっぱい揉んでたらチンコたっちゃったよー!」
振り向く姉。
「うわー、すごい。すごいすごい。」
マジマジ見る姉。
「さわってもいいよ。」
姉キレたか?ためらいもなく握る。

すごいとか熱いとか硬いとかつぶやく姉。
ここでオレはさらに突き進む。
「オナニー見たい?」

姉の顔の目の前でチンコをしごくw
じっと見つめる姉。
見られるのが大好きなオレは大興奮。
当然、姉にもしごき方を指導しやってもらう。
もうイキそうだ。
「もうイキそうなんだけど、胸に出していいでしょ」
「うん」
「精子出るとこ見てて」
最後は自分でしごく。
そして姉が見つめる中イキました。
気持ちよかった。

胸にかかった精子を指ですくう姉。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:7859
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space