ロリコン兄貴[2]
2/6ページ

やっぱり今回もタオル噛ませてた。
声漏れるとヤバいし…

俺「そーいやさー」
し&な「んー?」(綺麗にハモってた。
俺「なつの舐めてないなーって( ̄ー ̄)」
な「(///)」
俺「舐めてあげようか?( ̄ー ̄)」
な「や、やれるもんなら……」

やってあげました。

クリがある程度大きかったので、そこを重点的にやってみた。
な「ひゃっ!ひゃぅっ!」
…えぇ、タオル噛ますの忘れてて漏れてましたよ…
幸い、母親がテレビ大音量で聞いてたからよかったけど
3回ぐらい舐めてたら
な「どいてぇ!だめぇっ!!」
とかいいだしたので素直に辞めてあげました。
顔がマジでヤバそうだったので…

そしたら、放尿しやがりました。
泣きながら「やだよぉ…止まんないよぉ…」とか言ってるんです。
可愛かった。萌えでした。

25日
しほはさっさと学校に行った。
なつは時間ぎりぎりまで寝てた。
で、俺の単車で登校。そんなにゴツくないからあんまり目を引かないけど。
なつはフルフェイス、俺は亀の子を被ってた。
バイトは10時〜5時なので家でまったり。

しほ、なつの順番で帰宅。
なつに少々彼女との状況について問い詰められた。

な「○○さんと最近どうなの?」
俺「別にー?いつも通り、大して変わんないなー」
…セフレなんだから、ヤレればいいって感じだし。お互いに。
な「別れる気ない?」
俺「んー…微妙?」(元々付き合ってない)
な「あのさー…………」
20分ぐらい沈黙してた。それからしほが入ってきてうやむやになった。

それから、いつものようにしほと風呂に入った。
もちろん、訓にした。(もちろんっていってる時点でヤバいな)
指突っ込んでみたけど、痛がったのでやめた。

しほと仲良く部屋に戻ると…なつがオナニーしてた。
直接見たわけじゃないけど、制服のスカートに手を突っ込んで固まってた。
顔真っ赤だったし、一応察して向かいの部屋にしほを連れて行って着替えた。

それから、バイト。5時半にメールがあって友達と(以下略

26日
2人とも普通に出て行った。母親は昨日の夜中からどっかいったまま。
昼間バイト。で、バイト後なつとメール。
な「マジ別れる気ない?」
俺「だから、微妙ってるべ?」

な「友達が紹介してっていってるんだよねー」
俺「厨房食えってか?」
な「兄ちゃんロリコンじゃん」
俺「違う。大体、なつとかしほだからあーいうことするんだよ」
な「へー…んじゃ、友達の断っとくね」

次のページ


ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:3677
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space