寝てる間に妹が…
1/2ページ

自分には妹が3人いる。その中の、一番上の妹との話。
この妹との怪しい関係は自分がまだ小学生の頃から。なにをしてたかというと、ひたすら俺がクンニ。
フェラとか手コキをさせるんじゃなく、ひたすら妹の毛も生えていないマンコをなめていた。いや、なめさせてもらってた。
妹も小さかったし、感じるとか濡れるって訳じゃないけど、気持ち悪くはないみたいで、なめさせてくれた。

今思うと、なにが楽しかったんだろう…でも、小学生の妹のは毛もないし、ピンク色できれいだった。
そんな関係をずっと続けてたんだけど、俺が精通があってオナニーを覚え、妹も少しずつ感じるようになりだしてから、自然としなくなった。
最初は入らなかった指が入るようになったり、無性に入れたくなったりしてしまって、怖くなったのかもしれない。それ以来、何ごともなく普通の兄弟をしてた。

それから何年かして、お互い大学生になってから、実家に夏休みに帰省したら、妹も帰って来た。

その日の夜の話。
妹と俺は、同じ部屋で寝ていた。一人暮らしだから部屋はないし、仕方なくというか、変に意識もせず普通に寝ていた。
そしたら…夢で自分の彼女に手マンする夢を見ていた。でもだんだんなんか違うことに気付いて来た。
俺の右手に温かい感触がある。なんかヌルヌルしてて、絶対夢じゃないリアルな感触。なんだ…?
と無理矢理眠気を振り払い、今の状況を確認しようとしてみた。。。

すると、なんと妹が俺の右手を使い、自らのマンコに導いてた。

俺の中指と人差し指はは妹のまんこの中。
かなり驚いた…
と同時に寝ぼけたボーっとした状態の俺には刺激が強すぎたのか、かなりエロモードに。

しばらく寝たふりして様子を見ていたが、指の感触がいやらしくて、しかも妹のって考えたらムラムラ…。
しかも、動きに合わせて「あっ…んっ…」って、今まで聞いたことない声を押し殺しながら出してる。
当たり前ながら今までないくらい勃起していた。

そこで我慢しきれなくなり、指を少し動かしてみると…!
「あっ!」
ってかなりの反応。
こういう声を押し殺しながらも、出てしまった声が異常に好きな俺。しかも妹の。

こうなれば、妹のいつの間にか発達したヌルヌルのマンコの感触を楽しみ、そして思い出すように指を動かしていく。
妹もかなり感じてきているらしく、
「んっ…あぁ!」と声が漏れる。
そして、妹が
「ねぇ…あっ!兄ちゃん…」と呼ぶ。
俺は妹に近付き、何も言わずに股を広げ舌を這わせる。
そしてクンニを。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:9084
今日:1
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space