妹のオナニー
1/7ページ

私も妹も学校に行っていた頃のことです。
今となっては懐かしいような思い出です
私が妹のオナニーを初めて見たのは妹が中学2年で自分は高校に
入った年だったと思います。
その日,もう夜の10時頃だったのですが,妹の部屋の前を通る時,
ドアが少し開いていたので,何げなく覗いて見ると,妹の机に座って
勉強している姿が見えただけでしたが,その様子が何となく

違っているので,思わず立ち止まって,そっと覗いていました。
 よく見てみると,後ろ姿なのでよく分かりませんが,スカートが上の方まで
まくれ上がっていて片手であそこをいじっているみたいなのです。
見ていけないものを見てしまったようで,自分の心臓の鼓動が
聞こえるくらいに頭に血が上り,喉がカラカラになってしまいましたが,
興味が涌いて,そのままそっと見ていました。

手に持った鉛筆で下着の上から自分のあそこを押しているのです。
時々ひどく感じるのか足を閉じて背筋をキュッと伸ばします。
しばらくすると,もう片方の手で下着を下げて,片足を曲げて
椅子の上に上げると,鉛筆を直接中に入れて撫でているようでしたが,
その内鉛筆を机の上に置くと,椅子を手前に引いて浅くかけ,
背もたれにもたれかかるような姿勢になって
両手で自分のあそこをいじり始めました。

 私が覗いていることは全然気付いていません。
顔は天井を向いて目は閉じています。
だんだん息が荒くなってきました。
背筋をググッっと伸ばし,体をつっぱるように
両足を前にまっすぐ伸ばしたと思うと
「ハッ,ハッ,」と激しい息づかいがきこえ,続いて

「あぁっ,・・フゥーーッ」と言ったのを最後に,
体がぐったりとしてしまいました。
少しすると椅子から立ち上がって下着を上げ捲れ上がった
スカートを直していました。
 私も何か悪いことしたみたいで,そっと足音を忍ばせて
自分の部屋に戻りました。
あまりにもショックで,今見てきた光景を思い出しながら,
すぐに自分の手で二度も抜いてしまったのです。

 それからは妹の部屋の前を通る時は何となく氣をつけて
見てみるようにしたのですが,ドアが開いている事はあっても

あのような事を見るチャンスはありませんでしたし,
閉まっているドアをそっと開ける勇気もありませんでした。
それでも一度見てしまったあの日の光景がどうしても
頭から離れませんでした。

 ある日,夜トイレに行った時,その横の風呂場にある
洗濯機の中を何気なく覗いた時,その中に妹の下着を見つけました。
母親のそれもあったのですが,大きさと形で判断が付きます。
早速それを自分の部屋に持って返り,あそこに当たっていた部分の
匂いを嗅ぎながら,激しく興奮していました。
 オナニーする時,いつも妹の下着を持ってきて,匂いを嗅ぎ,
口に含み,味わいあの事を思いだしていました。

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:11151
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space