姉のバイブオナニー
2/3ページ

チンコ出したの確認したら、姉はこんどはバイブで秘部をいじり始めた
沈黙した空気の中、ヴーンヴーンっていう振動音と姉のハァハァって吐息が入り混じってすごいエロかった。未だに鮮明に思い出せる

少しずつ大きくなっていく俺の息子
姉はそれ見てなんか満足げな顔してた
最大時になった時に「大きくなっても皮被りじゃん」って姉がこぼした
気分がかなり害されたけど勃起は以前止まらなかった

姉のオナニーはどんどん激しくなってった。バイブがさっきよく深く激しく秘部を突く

俺は、チンコがパンパンに張って、シゴきたくてしょうがなくてムズムズしてた
それ見て姉は「オナニーすりゃいいじゃん」って言ってきたからお言葉に甘えて、ゆっくりとチンコシゴき始めた

数分後、姉が腰浮かせて、股を大開きにして果てた

んで俺はチンコしまったら、俺のほうに「あんたイってないやん」って言いながら俺のほうにずいずい寄ってきて、

チャック開けられてチンコ掴まれた

つかまれた時くすぐったかったけど、竿擦られてるうちに大丈夫になった
口では「ちょ、やめろよ」なんていっては見たけど、やっぱり煩悩に負けて逃げるのはやめた
3分ぐらいシコシコされて、亀頭の部分はむってされた時にイった

そん時椅子に座ってたんだけど、とっさに椅子ごと後ろに引いたら机にぶつかっちまって、
勢いよくでた精子が姉の顔にかかった

姉は「うげ、最悪ー」って言いながらティッシュで顔に付いた精子ふき取ってた
俺はただ謝ることしかできなかった

そういや手の甲に付いたふき忘れはペロって舐めてた。かなりエロかった

んで一通り舐め終わったらもう一度チンコはむってされて、ちんこにくっついてる精液も舐め取ってもらった
俺の息子はまた興奮しちゃってまたムクムクっと大きくなった

姉は「うおー、元気だね」なんて驚きながらもう一度しこしこし始めたんだけど痛かったからやめてもらった。

んで風呂入って来いって言われたから風呂に言ったんだけど、
風呂で体洗ってると姉がまた姉がノックもせずに入ってきた

俺はとっさにちんこを隠したけど、「何を今更w」って笑われた。

そんで姉は始終ニヤニヤしながら「背中ながしてやるよー」なんていってやたらとボディタッチを迫ってきた
さすがにあかんだろ、と思った俺は風呂桶の中に避難したんだけど、

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:7865
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space