姉との性教育
2/5ページ

それでそのあとお互いいっちゃって、その場はそれで終わりだったけど、
それからお互い意識するようになった

俺にとってはなんかすごい衝撃だったし、それは姉ちゃんも同じだったんだと思う
なんかぎこちなくなった

それからしばらくは何もなかったんだけど、
ある日オヤジとお袋が買い物に行って俺が一人で留守番してるとき、

誰もいないことを幸いに俺はリビングでAV見てオナニーしてたのよ

そしたら直後に姉ちゃんが帰ってきてモロばれ
「何やってんだお前!!」
って怒られたけど、「なんかすごいね」っていつの間にかお互い見いっちゃっててさ、
(確かレズか3pの奴だったと思う)
「前みたいに…しよっか…?」
って姉ちゃんがいい出して、リビングじゃもし親が帰ってきたらまずいってことで、
姉ちゃんの部屋で再びオナニー大会

姉ちゃんすぐに裸になったんだけど、
「お前も裸になれ、ずるい」ってことで俺も全裸で見せあいっこ
で、お互い逝った後に、
「前にしたあの日のこと思いだしてオナニーしたことある?」
って聞かれて、俺は狂ったように何回もオナニーしてたから正直に言うと、
「私も…」って告白されて、
「キス…しようか…?」
って言われた
で、そのまま唇重ねてキス
すぐに離したんだけど、姉ちゃんが「これ、初めてなんだ…」ってうつむいてて、
「俺もだよ」って一緒にうつむいて気まずい沈黙

「もう一回しよう」
って姉ちゃんがいい出して再びキス
この時は姉ちゃんが俺を抱きしめてきて、さっきよりも時間が長かった
で、唇離したら、
「私たち…もう…出来るんだよ…」

って姉ちゃんが言うけど、ガキの俺には意味わかんなくて、
「何が?」って聞いたら、
「セックス」って小さな声で言ってうつむいてた

セックスって聞いてドキンとしてさ、言葉なくしてたら、
「どうする?やるなら今のうちだよ」
って姉ちゃんが言うんだ
返事のしようがなくて、
「どうする?」
って聞き返したら、
「私は…いいよ…」
って姉ちゃんが言うんだ
それ聞いて、
「じゃあしよう」
って俺も返事してた

お互い興奮しちゃってたんだね、倫理感がどうのとかなかったね
俺にとってはAVでしか存在しなかったセックスが目の前にやってきてて、それに圧倒されちゃってた

それでそのまま始めようかって思ったら姉ちゃんが、
「シャワー浴びたい」
っていいだして、

「その間にもし親父たちが帰ってきたらどうすんだよ?」って俺がいったら、
「けどこのまま汚いのもやだ。一緒にシャワー浴びよ」
って譲らないんだよね

「じゃあ…」
って一緒にシャワーに行こうとしたら「ピンポーン」って玄関のブザーが鳴って、
「ただいま」ってタイミングよく親父たちが買い物から帰ってきた

慌ててお互い服着て何事もなかったようにふんしてたけど、
心の中は「セックスセックスセックスセックス」って大合唱

次のページ


ケータイ官能小説トップ







Total:6748
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space