姉と二人きり
2/3ページ

ブラジャーの上から唇を這わせて乳首周辺を丁寧に愛撫してたら
姉も僕のことをギュッと抱きしめてきて息があらくなってました。

そのままキスしながら右手でブラジャーの上から包み込むように胸をもんで
左手の中指であそこをパンツの上からなぞっていたら
どんどん姉の息が荒くなってくるのがわかるんです。

「んっ…は…」とかって声が混じって口の周りがよだれでべとべとになってきて

だんだん姉も自分から腰が動き出してモジモジしてきました。

直接さわろうか?って聞いたら「脱がせて」っていうので
そのままブラを外して姉の乳首に吸い付き
パンツを脱がそうとしたら姉も腰をあげてぬがせやすくしてくれました。

姉を一糸まとわぬ姿にさせたら
姉も「私だけじゃ恥ずかしい」とかいって僕の服を脱がしにかかるので
パンツ一枚にさせられました。

ボッキしてる股間に手が伸びてきてそのままパンツ越しに握られて
上下にゆすられるので、僕も負けじと、アソコの入り口に指を這わせながら

また二人でキスして、ぐちょぐちょ唾液を交換しながら舌をレロレロさせて
パンツごしにチンコ触られるのにもどかしくてムズムズしてきて
「あのさ、直接・・・」とか言いかけたら「私の気持ちわかったでしょ」
とか微笑まれました。

そのまま姉はパンツを脱がしたら、今度はおもむろにチンコに顔を近づけて
パクっと先っぽを口に咥えてきました。
そのまま唇でカリの部分を擦りだすので、つい「おぁ・・・」とか声を出してしました。
いきなり全体をディープスロートせずに先っぽをくちゅくちゅするだけのフェラに

すっかりじらされてしまって、もっとつよく握って、とかリクエストすると
「まだだめ〜」とか上目遣いで微笑むので、
なんだかからかわれてるとか思えてきて
押し倒して無理やり69の体勢に持っていきました。

真横体勢の69になって僕は姉のアソコの入り口のひだの部分を
舌でツンツンすると同時にクリの皮の上から左手でやさしく撫でだすと、姉が
「ぁ!」とか声をだすんです。

そのときの発声で姉の口の中で僕のチンコがぷるぷるんってされて
僕が愛撫するたびに姉が「あっ」とか「んっ」とかチンコへの動きが止まるので
姉に「そのまま続けて」といじわるっぽく言ってみたりしました。

これでまた主導権握れたと調子に乗った僕は
左手で皮ごしにクリを愛撫しながら右手の中指を
ゆっくりあそこの中にさしこんでみました。

すると、姉の声がますます大きくなってきました。
指の愛撫をやめずに、もっとしっかり舐めて、と言ってみたら
「そんなこといっても集中できない」って喘ぎながら言うので

このへんにしとくかとおもって、体を起こしてまた姉に覆いかぶさるようになりました。
やっぱり右手はあそこに入れたまま姉にキスをしてたら、姉に
「キス好きだね」とか言われて、だめ?というと、「私も好きだよ」
と舌をからませあって、その間ずっと姉は僕の口の中でウンウンうなっていました。

左手を背中に回してぎゅっと抱きついて姉のおっぱいを押しつぶしながら
ずっと右手と舌で姉をいじっていたら、姉が「最後までする?」とかいまさら聞くので
僕はしたいよ?お姉ちゃんは?って聞き返すと
「私も…ゆうくんとならいいよ」って言ってくれました。

姉の手をとって立ち上がって、ベットに腰掛けて並んだら
ちょっと間を空けてしまった為か、姉はちょっと冷静になってしまって
「やっぱり、まずいかな…」っていうんです。

次のページ


ケータイ官能小説トップ




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:5143
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space