妹の告白
1/3ページ

妄想ばかりは激しいです。
ひとりで部屋で保健の教科書とか家庭の医学とかじ〜っと読んだりね!
男性器がどうとかそのへんが載ってるあのあたりね!

彼氏はいたけどでもそのへんの地を出すのがなんか怖くて。

まあそんなせいかどうかわからないけどしばらく付き合ったけど別れて。

で、まあ色々あってですね……
元から兄のことは若干意識してたんですが。
ほら、なんつーか、ちんこ生えてるし。白いの出すし。
異性として好きだったかっつーと、ぜんぜんそんな感じではなかったんだけど。
いや、好きだったのかもしれないけど。
うーん。いやまあ人間としてはけっこう好きでしたが。
まあー、色々あってですね。
こんな感じになりました。

兄の射精するところを見たくて、お願いして手コキで射精させたりした。
初めてした時はちんこをよく見たかったこともあって真っ正面でやってしまい、
いきなり射精されて、顔とか髪とか服とかに精液がくっついてしまった。
兄が物凄い勢いで謝ってきて、ウェットティッシュで拭いてくれた。ちんこ出したままで。

次にやった時は兄に布団の上に横たわってもらって、その後ろから手コキした。
身体が密着して胸とかが兄の背中に当たって、兄はそれで「興奮する…」って言ってた。

相変わらずでかいチンコだなあ…って思いながらしこしこして、
「う、いくっ」
と兄が言ったので、事前に布団の上に敷いておいたティッシュにちんちんを向けた。
どびゅっ、どびゅっ、ぴゅるるっ! と発射するところが見れて非常にテンションが上がった。
今度動画撮っていい? って訊いたら速攻で拒否された。万が一流出したら困るって。

兄を起こそうとした時、ふといたずら心が働いて、
というか「こういう時エロ漫画とかなら」と妄想が暴走してしまい、
(いや、ちょうど見えるテーブルの上にポプリクラブがあって…)

気がつくと布団をひっぺがして兄の股間を凝視していた。
無論、兄のトランクス(兄はパジャマを着ない)の股間部分はテント張っていた。
左曲がりだから、なんか設置に失敗しちゃったテントだけど。
トランクスの上から触ったりした。
トランクスからちんちんだけ引っ張り出してしごいたりした。ら、さすがに兄が起きた。
「お、おまっ、なにして」

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:6689
今日:2
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space