近親相姦好きな姉
1/3ページ

やべー、姉ちゃんやべーよ。

こないだ姉ちゃんちに超久しぶりに行ったんだよ。

俺と姉ちゃんのスペックはこんな感じ。

俺(19)
フリーター。顔は中の中。普通の人。

姉ちゃん(22)
OL。一人暮らし。
身長160cm、体重43ぐらい? ちょい細身だけど
意外に乳はあるらしくて86とか言ってた。
顔は誰だ? ……強いて言うなら伊藤美咲か。


けっこう仲は良かった。中学にあがるまで一緒に風呂入ってたし。

んで、こないだ姉ちゃんから久しぶりにケータイにかかってきて
「どう? 元気?」
みたいな。
だから姉ちゃんちに遊びに行ったわけ。
まあ最初は当たり障りない内容の話とか最近のバイトとかの話してて、
途中で腹減った(姉ちゃんちに行ったのが夕方)から近くのどんぶり屋で食った。


腹もふくれて話す事もなくなったから、一度姉ちゃんちに戻った。
姉ちゃんの家ってのがけっこういいマンション。
リビングのでっけーテレビに、明らかにほこりかぶってるプレステ。
しかもいまどきプレステ1。


当然ゲーマーの俺としてはプレステのソフトをてきとーにあさる。
ウィニングイレブン…………興味あんまない。却下。
バイオハザード…………今やるゲームじゃねーだろ。却下。
ぷよぷよ…………キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


という訳で姉と二人でぷよぷよスタート。
俺の必殺几帳面3コ1コ積みで一気に姉ちゃんのフィールドが埋まる。
まずは無難に一本先取。
「ちょ、ずるーい!! あたしまだぜんぜん動かしてないじゃん!」
姉ちゃん悔しそう。
けけけ、今こそ三年前俺の大好きなアップルジュースを勝手に飲んだ復讐してやる。

2ラウンド目。
姉ちゃん意外にうまい。対戦だと効果的な2連鎖3連鎖の嵐で俺の几帳面フィールドが
あっさり埋まる。
「あ……あれ?」
こうなると俺はもろい。あれよあれよと埋められて終了。
くっ、俺のスケルトンが泣いてる……


「あれぇ〜? ○○弱くない? ププ」
勝ち誇る姉。
「ちげーよ! これは姉ちゃんがあんまり弱いから手抜いてやってんだよ!」
「へー、そうなんだ。ふーん」
姉ちゃんがニヤニヤしながら再度コントローラを手に取る。
最終ラウンド。
まあ結局俺がボコボコにやられた訳なんだけど、超がつくほどの負けず嫌いの俺は
何度も挑戦し続けた。
ちょうどその日は休みだった事もあり、姉ちゃんは苦笑しながら
「あんたも好きねえw」
と受けてくれた。


一時間ぐらいだろうか。しばらくぷよぷよをやってて、
二人とも白熱して無言になってた時だ。
突然姉ちゃんが口を開くと、画面を見つめたまま
「ねえ、○○って今彼女いるの?」
と聞いてきた。
俺はいきなりの質問にびっくりしてちょっと積み込みをミスったけど冷静に積み直して、
「なんで?」
と返した。
姉ちゃんは
「別に。ってかさ、昔あたしが○○の風呂上りをのぞいた事あったじゃん」
なんてちょっと照れてた。画面を見ながらちらっと姉ちゃんの顔を見たら赤くなってて

かわいーかもなんて思った。
「あー、なんかそんな事あったなぁ。俺マジで気づかなかったもんなw」
俺が高校生になりたてぐらいのころ、風呂から出てすぐのとこの暗がりで姉ちゃんが
潜んでて、俺の全裸を見られた事がある。
俺すげー目が悪いから、コンタクトしてないと10センチまでしか物が見えねーのよ。
んで全く気付かずに俺のちんこしばらく堪能されてたって事件があってさ。


「あれはほんと恥ずかしかったけど……弟のそういうの見て楽しいか〜?」
「うーん……ただ見たかっただけっていうか…………」
二人の間にびみょーな空気が流れる。つかなんでこんな気まずくなってるワケ?
「○○………………近親相姦って知ってる?」
「は!? 何いきなり!?」
これにはマジでびびった。確かに俺と姉ちゃんってそういう話もしたりするし、
お互いの初体験とかの話もしたりするオープンな間柄だったけど、
こんな姉ちゃんは初めてだった。
「いや…………だから、近親……相姦とかって聞いたことある?」
「えぇーと……そりゃあるけど」

なんだこの話の流れは?
落ち着け俺。今日は何しにきたんだ俺。
姉ちゃんの顔を久しぶりに見に来てカツ丼食ってぷよぷよだ。

うむ。これぞ健全な、あるべき姉弟の姿。
ぷよぷよの最中に近親相姦の話。…………ってどーよ。


フローリングの床に直接あぐらかいてる俺の隣、50センチほど離れた所に座ってる
姉ちゃんを見ると、耳を真っ赤にして画面を見つめてる。
相変わらず姉ちゃんのアルルは叫んでるけど、心なしかぷよぷよに集中してない。

「ねぇ、なんかそういう気持ちってわかるよね」

は!? はぁ!? なにこのエロゲw もう俺頭真っ白ですよ。
車ぶつけて怖いおっさんに髪の毛つかまれた瞬間ぐらい真っ白ですよ。
仕事で疲れすぎてトイレで三分だけ寝て起きた瞬間ぐらい真っ白ですよ。
どう返す? どう返せばこの事態は収拾するのか?
もうだめだ、おお今すべての近親スレの住人よ我に力を……


「いや、俺はわかんねーけど」


ちょwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwwwww
どんだけつまんねー奴なんだと。俺ん中で俺最悪認定。
しかしそんな俺にかまわずスイッチ入っちゃった姉ちゃんはさらに爆弾投下。


「あたしはわかるよ。だって今あたし達こうやってぷよぷよやってるんだよ?」
そう言ってこっち向いてはにかむ。

やべぇ。萌え死ぬかも……

「えぇっ……と、ど、ど、どう?」

次のページ


ケータイ官能小説トップ









Total:11156
今日:1
昨日:1


お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space