いけないお手伝い
1/2ページ

私には20歳の大学生のお兄ちゃんがいます。私より9つ↑です。大好きなお兄ちゃんです。
ある日、お兄ちゃんが私の部屋で何かしてました。私のパンツをオチンチンに当てていました。
私「何しているの?」兄「オチンチンが急に痛くなって、変な液体が出てきたから、とりあえず
パンツで止めてた」といいました。大丈夫?と聞くと「こうやっていると気持ちよくなって

痛みがなくなるんだ」って…?「礼子の手でおさえて」といい、パンツに包まれたオチンチンを
にぎりました。。
そして、私の手をとり、動かしました。「こうやって、こすると楽になる」といいながら…
いつの間にかパンツをとり直接触っていました。そして白い液体がオチンチンの先から、ピュて
いっぱいでました!驚きました!精液とお兄ちゃんから教わりました。オチンチンがカチカチになっ

て痛くなったときに、こすると精液が出て、痛みがなくなるんだって…。そんなことが何度
かありましたが、、私もバカじゃないのでインターネットで調べました。私はお兄ちゃんのオナニーの
お手伝いをしていたとわかりましたー!

あの日から、たまーにお兄ちゃんのお手伝いをしていますが、親にみつかると怒られるから
いっぱいはできません。私とお兄ちゃんの部屋の間は薄い板?なようなものでカベができ
ています。もともとは一つの部屋。そこでお兄ちゃんが彫刻刀でカベを削り、私の机の上の

横に穴を開けました。その穴からオチンチンを出すためです。私が机に向かうと目の前に、、、
。それから、一週間に4、5回くらいお手伝いをしています。親に見つからないように穴は
時間割り表で隠してあります。私もオナニーをおぼえました。お兄ちゃんのお手伝いをしな
がら、しています。お兄ちゃんから私は見えないので恥ずかしくないの。オチンチンの先から出
てくるヌルヌルを指でとり、舐めたり、乳首にぬったりして楽しんでいます。そして白い精液も

舐めたりしました。精液はちゃんとトイレットペーパーでふきとり、トイレに流しています。お兄ちゃ
んにそうするように言われました。

あれから、お兄ちゃんのお手伝いは続いています。お兄ちゃんがお手伝いしてほしいという
ときは、なんとなくわかるようになりました。やっぱり兄妹だからなのかな。その時間にな
ると、私もHな気分になり、穴からオチンチンが現われる前から濡れることもあります。そんな
ときは、いつもならお兄ちゃんのヌルヌルを私のアソコにぬっちゃうけど、逆に私のヌルヌ
ルをオチンチンにつけてさわってあげます。

次のページ


ケータイ官能小説トップ








Total:9172
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space