中学生の従妹と友達
1/8ページ

登場人物(仮名)
俺 : 哲也 福井県出身 都内大学に通う二十歳 
愛子: 哲也の従妹 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 陸上部
香 : 愛子の友人 地元福井県(現在の)大野市内の中学に通う3年生 テニス部
昌也: 俺の弟 愛子の従兄 高2
浩司: 愛子の弟 俺の従弟 小6



大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「愛ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって言うんだけど、 二人面倒みてあげてよ」と。

俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」
母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」
当初は本当にお守なんか面倒だった。

当日、新宿駅まで迎えに行く。
人ごみの中、愛子を探していると
「哲兄!」
日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、愛子だった。
愛子と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは愛子がまだ小学生のときだった。

俺 「おー、ひさしぶり。なんだ、お前まっ黒じゃん。田舎者まる出しw」
愛子「陸上部だからね。もう引退だけど…って、自分だって田舎もんでしょ!」
俺 「やれやれ、無事着いたか。おのぼりさんのガキンチョだから心配したよ」
愛子「もうガキじゃないよ!」

香 「こんにちは香です!よろしくおねがいします!」
隣を見ると、これもまた日に焼けたポニーテールの子。
俺 「おー、よろしく。じゃあ、とりあえず行くか」

そっけなく先導したが、俺は内心ドキドキしてた。
ヤベー、めっちゃカワイイ…

その日はサンシャイン行って、展望台・水族館。
最初のうちははしゃいてた二人も夕方になると段々口数が少なくなった。
慣れない移動と人ごみで疲れたようだ。
晩飯食って早々に俺の部屋に引き揚げた。

部屋に着くと狭いワンルーム、ユニットバスに驚きながらすぐに元気になり

香 「汗かいたからシャワー浴びたい」
愛子「香ちゃん、狭いけど一緒に入っちゃお!」

バッグから着替えを用意する二人、それぞれ手作りらしき巾着を持ちバスルームに向かう。
ふと二人の動きが止まる。
俺の部屋はワンルーム。
脱衣所などない。

ユニットバスといっても組み立て式という意味で、俺が住んでた部屋はバストイレ別物件。
そっか、どうするつもりだろ?あの子ら…
俺は終始愛子達をガキと小馬鹿にしていたが、内心ちょっと意識してる。
いや、かなり!
その時の俺はバスルームのドアに向かって半身だったのだが、タバコを取り完全に愛子達に背を向けた。
「気にすんな」とか「見ねーよ」と声をかけるか迷ったが、 結局まるで興味がないように何も言わずに背中で様子を窺った。
すると間もなく、一人がその場で服を脱ぎだした。
愛子のようだ。
続いて香ちゃんも。
実は俺の左正面には姿見(鏡)があった。
テレビを見ているふりをして、左斜め前の鏡をチラチラ。
だが、凝視はできない。以前、彼女との初えっちの際、その鏡を使って服を脱ぐのを覗き見たところ、彼女と鏡越しに目が合ったことがあるからだ。
人影が動くのは分かる。
だが、それ以上は確認できない。その勇気がない。
「愛子は昔っから俺のことを哲兄,兄ちゃんと慕ってるんだ。
かっこいい兄貴でいなけりゃいけない。」

でも、振り返ればマッパの少女がふたり。
テレビから流れる吉田栄作の声に紛れ、ファスナーを外す音やまた巾着袋をガサゴソガサゴソ……
パシュっとドアが閉まる音が聞こえた。
「フゥッー」
ヤバいな。中坊だぜ。ロリコンじゃねーと思ってたんだけどな。
でも、この一色紗英と同じ年ごろだもんな。ロリとは言われねーよな。
俺、5日間も大丈夫か?

ドラマはまるで頭に入らない。
しょーがねー、コンビニでも行くか。
俺 「愛子!ちょっとファミマまで行ってくるわ!」
透明樹脂製のドアの向こうに二人の裸が薄っすら見えた。
ヤヴぁいぞ、俺!

お菓子やビール・ジュースが入ったレジ袋を片手に部屋のドアを開けるとシャンプーの香りで溢れていた。
「おかえり。気持ちよかったぁ。哲兄は隅々まできれいにしてるんだね。
 彼女でもできた?」
俺はビール、二人はジュースを飲みながら少し恋愛話をした。
と言っても、二人の話は全く聞けず俺が質問攻めを受け続けた。
逃げるように
「俺もシャワー浴びてくるか」と立ち上がり、大人の男を見せつけるかのように迷いもなく服を脱いだ。
香ちゃんは真っ赤になっている。
愛子も興味ないように視線をテレビに向けているが思いっきり意識しているのがわかった。
「チューハイ飲むなよ。俺が風呂上りに飲むんだからな!」
さっき、二人はそのチューハイを飲みたがっていた。
お前ら二人はオカンや叔母さんから頼まれた大事な預かりものなんだから、と兄貴風を吹かせて注意していたのだ。
実は、「あいつら、ちょっと酔わせてみようかな」と思って買ったものなのだが…
愛子「もうわかったよ!そんなカッコで偉そうなこと言わないで!」
俺はフルチソで仁王立ちしていたのだが、愛子のその言葉で一気に恥ずかしくなり風呂場に逃げ込んだ。

一息つき、勢いよくシャワーを頭から浴びると排水溝が目に入った。

慌ててシャワーをバスタブに放り込み、排水溝のフタをあけた。
少女のチヂレ毛があるはずだ。
これを狙っていたわけではなく、元々きれい好きの俺は客人が来るということで念入りに掃除しておいたのだ。
「あれっ?ないよ」
コンビニから帰ってきたときの愛子の「哲兄は隅々まできれいにしてるんだね。」
というのを思い出した。

次のページ


ケータイ官能小説
┗エッチな携帯小説
芸能人お宝画像広場
┗パンチラとか超たくさん
ミントCJメール
┗動画で探す出会い系
携帯動画館
┗無料で見れるアダルト動画
PC☆MAX
┗ギャル雑誌で有名なサイト


お問い合せ

Total:18964
今日:2
昨日:1

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space