広島の姉弟
1/3ページ

先月、夏休みに入った頃に親が出かけたのを見計らって昼間から部屋でオナッてたら、突然ノックもせずに短パンTシャツ姿の姉ちゃんが入ってきた。

俺「あっ・・。」

姉「ねえあんたの・・。ちょっとあんた何しよるん!!」

俺「いや・・暇だったから・・」

姉「信じれん!変態じゃ!あんたいっつもこんなんしよるんね!?」

俺「ち、違うよ姉ちゃん!!あんまりしよらんよ!!」

姉「ば〜か!しよるゆー事じゃろ!あんた知らんけーね!!」

顔を真っ赤にして姉ちゃんはドアを激しく閉めて居間に下りていった。

俺は(あ〜ぁ見られたぁ〜・・。最悪だー父ちゃんと母ちゃんにチクられて怒られるー)とさっきまでの妄想エロモードは遠い昔のように感じ、もう二度とオナニーしないと誓った。遅いけど。

しばらくして事態打開の為姉ちゃんに許してもらう為、居間に降りてった。
姉ちゃんは俺を見るなり、また顔を真っ赤にして

姉「何・・?」とちょっと落ち着いたトーンで睨んできた。

俺「いや、違うって姉ちゃん。とっ、友達に教えてもらってちょっと試しよっただけで  いつもしとる訳じゃないって!ホント!もうせんけえ言わんとって!!」

俺は必死に拝み倒した。怖くて姉ちゃんの顔が見れず視線を落として誤っていたらついつい姉ちゃんの太ももに目がいってしまった。

俺の2歳上の姉ちゃんは高校ではバレー部で弟の俺が見ても欲情するようないい体をしてる。

姉「ちょっとあんたどこ見よるんね!もう許さんけーね!父さんに言うけー!」

それを聞いてパニック状態の俺はとっさに姉ちゃんにしがみついてしまった。
姉ちゃんは突然の事にびっくりして小さな声で

姉「・・っちょとあんた何しよるんね!!」
無言で引き離そうと必死に抵抗する姉ちゃんと必死に上から覆いかぶさるようにこれまた必死にしがみつく俺。

姉「ちょっと放しんさいや!いやっ!放してっ!」小さな声で抵抗する姉ちゃんの体が密着して、さっきまでしょぼーんとしてた股間がいきり立ってしまった!

もうレイプ突入!!
レスリングの押さえ込み状態で片手で姉ちゃんのTシャツとブラをめくり上げパンツも短パンごとずり落とし、俺も短パンを下げ体を密着させた。姉ちゃんが抵抗するたびにボッキしたチンコに姉ちゃんの陰毛に擦れ、股の間に挟み込まれて気持ちよかった。

姉「もう本当にやめて・・!言わんけぇ、お願い・・。」

弱気な声がもう最高!

俺「ダメ!姉ちゃんが悪いんじゃけーね!」

汗まみれになりながら絡み合っていると、疲れきったのか、とうとう姉ちゃんは抵抗しなくなった。
後は雄化した俺の独壇場。

姉ちゃんのが息苦しさに唇を開いた隙に舌をねじ込み姉ちゃんの舌を奪いつつ、挿入。
「やめて、いやー」とか言ってたけど無視して、姉ちゃんの腰が浮くほどがんがん突きまくってそのまま中出し。

俺「姉ちゃん弟に犯されてどうね?もう言えんじゃろ。」

姉ちゃんは半泣きでボーゼンとしてた。乱れた下着と今出したばっかりのザーメンまみれの下半身を見てまたボッキしてしまい、再び獣モードで2回戦突入。

半泣きの姉ちゃんを犯しながら
「もう姉弟じゃあないけんね。近親相姦したんじゃけー。弟に犯されとるんじゃけー」
とか
「弟のチンチンはどうね 姉ちゃん?弟とセックスしとるんみんなに教えたぎょー 
 か?」と耳元て言い聞かせ(脅迫?)ながら腰を乱暴に動かしてると、姉ちゃんが泣きながら
「いや、言っちゃいけん!」と抱きついてきた。

             しゃせ〜〜。

その後、俺はシャワーから出てきた姉ちゃんの腕をつかみ寄せフェラチオさせながら
今後も近親相姦の関係を続ける事を約束させた。
姉ちゃんは俺のちんこをくわえながらコクコクと頷いてた。

最初のうちは嫌がってた姉ちゃんも下に両親がいる時犯す以外は嫌がってないし。
最近は自分でコンドーム買ってきて、挿入前に手際よくつけてくるまでに成長。

とゆー楽しい夏休みをおくっている広島の姉弟の話でした。

学校から帰ってシャワーを浴びてたら姉ちゃんが帰ってきとった。

俺「お帰り姉ちゃん。」
姉「ただいま。お母さんは?」
俺「まだパートから帰っとらん。」

姉ちゃんを襲ってから、はや一月ちょっと。
姉ちゃんも俺が夏休み中、ほぼ毎日求めとったからか、俺との近親相姦に慣れたみたい。セックスする以外は以前の様な姉と弟て感じの会話ができるようになっとった。

姉「あんたーパンツぐらいはきんさいやー。」
俺「何でぇ?毎日見とるんじゃけーええじゃん。」
姉「そーじゃないじゃろー!普通はそんなんせんでしょーが!」
姉らしい態度で叱る姉ちゃんの顔がかわいい。
でもそれで俺のお馴染み獣モードがスイッチオン!

俺「姉ちゃん、それが弟に言う態度かいね〜?」
俺は姉ちゃんの腕を引き、ひざまずかせた。鼻先にすれすれにボッキしたちんちん。

姉「止めんさいや!ばか!」まだ姉の威厳をたもつ小声の困った顔のお姉ちゃん。俺は両手で姉ちゃんの頭を掴み
俺「姉ちゃんいつもの。」と姉ちゃんの唇にガマン汁が出てた亀頭を軽く押し当てた。

しょうがなさそーに姉ちゃんは「じゅぶっ じゅぶっ」とフェラチオ。
毎日しよるけどほんま気持ちええ〜。姉ちゃんも最初の頃と比べて唇で亀頭を搾りながら舌を絡めたりと本当は楽しみよるよーになっとる。でもなかなか正直に言わん。

次のページ


ケータイ官能小説トップ



お問い合せ

Total:6506
今日:2
昨日:2

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space