妹にからかわれた
2/3ページ

もう何回も見てるのに相変わらず興奮しますw
両手で持ち上げるようにゆっくりと揉んでいきます。「んふ・・」
ちょっと声をもらす妹、最近ますます胸の感度が良くなってるみたいです。
指で乳首をころころしてるとコリコリにしこってきました。そして妹の声も
だんだんと大きくなってきます。思わず乳首を口に含むと軽く噛みました。

「ひゃっ、んううぅ」「痛かった?」「ううん、気持ちいいよ・・」
妹は甘ったるい声で言いました。

それを聞いて舌で転がしたり、軽く噛んだりを繰り返しました。もう片方は
指でつまんだり、手のひらで撫でたりしました。左右を交代で口と胸を愛撫
してると妹の息がどんどん荒くなっていきました。
そろそろ下の方もと思い体をずらすと「まって、私もする・・」と妹が言いました。
「じゃあ、お前が上な」俺は仰向けになると妹が俺にお尻をむけて覆いかぶさって

きました。妹のそこを後ろから見たのは久しぶりだったので興奮してると
「今、ビクンってなった・・すごい」と言われてちと照れくさかったですw
さっそく妹のそこに舌を這わすと「あんっ」と声をあげ、体がぴくっとなりました。
そのまま舐め続けてると妹も思い出したように俺のを口に含みました。

最近の勉強会で妹のテクも上がっていて、ただ口に含むだけでなくて
口の中で舌を絡めてきたり、奥までくわえてのどでキュッとしめてきたりして
すごく気持ちよかったですw 俺がクリの皮を剥いて舐めると妹も声をあげながら
幹の方にチュッチュッとキスしたり亀頭をチロチロと舐めたりしました。
「待って、もういいよ。でちゃいそうだ」「いいよ、だしても」妹はそう言いましたが

今日は中に思いっきり出したかったのでwそれを妹に伝えました。
妹はニヤニヤしながら「じゃあ、もういれる?w」と聞いてきました。
俺はさっきからかわれたのを思い出してちょっといじめてやろうと思い、
「いや、まだだ、○○仰向けになって」そう言うと妹の足を広げてすでに
濡れてるそこを舐めあげました。

「あはぁ」と声をあげる妹、クリをペロペロと舐めながらさらに指を追加
しました。最初は一本、なじんできたので更にもう一本と指を出し入れし、
中で指を曲げたり、広げたりしました。もう片方の手は妹が胸や性器以外では
一番感じるうち股をなであげてました。「お兄ちゃん、あはっ、いいよー」
妹の反応も激しくなってきます。左手をクリへと移しキュッと摘むとそのまま

指でしこりました。中への出し入れもいっそう動きを速めます。
「だめぇ、もだめぇー」妹は達したみたいでした。
いじめてやろうと思ってたのでそれでも動きは止めずに続けました。
「いやあー、とめて、とめてよう」妹は逃げようとしましたが左手で足を押さえ
逃がしませんw 指の出し入れは続けながら親指でクリを押しつぶし、太ももに
舌をはわせると「やだあ、またいくっ、いくのー」と叫び体を痙攣させました。

もう潮をふくまでやってやろうと思いもうジュブジュブになってるそこを
さらにかき回しました。「いやぁー、もうだめ、おかしくなるよぉー」
そんな声は無視して続けますw 妹の顔を見ようと思い、目線を移すと
何も言ってないのに自分で胸を揉んでいました。首を後ろにそらしていたので
表情は分かりませんでしたがそうとう気持ち良さそうでした。

次のページ


ケータイ官能小説トップ





その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



Total:3330
今日:1
昨日:0

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space