姉は最高の彼女
1/12ページ

姉ちゃんと関係しているのですが、
父は鈍感なので気づいていませんが、
母はなんとなく気づいているようです。

父が「お前らほんとに仲のいい姉弟だなー」
って脳天気にいって笑ってる横で明らかに母は苦虫つぶした表情してます。昔はこうじゃなかった。

このまま黙っておくのがよいのでしょうか?
僕たちはどういうタイミングでいいだせばいいのか悩んでます。


じゃあ大学入ってからのこと書きます。
その前に高3を軽く振り返ります。
受験勉強してるとき、まあ高3の時なんですけど相当鬱になってました。

1、2年のとき勉強さぼりすぎてて、何から手をつけたらいいのかもわからず途方に暮れたこと。
最初の彼女と別れたこと。

姉が遠くに行ってしまったこと。(今思ったらやっぱりこの頃から俺は姉がすきだったのかなー)

などが原因でかなり鬱でした。
勉強も手につかないながら、何とかやろうとするけれども集中できない。


そんなこんなでセンター試験。ああ〜イタタタタ・・・。風呂場でマジ泣き。
どこ受けようかな。僕はネットで河合塾の万歳システム(合格可能性のある大学を教えてくれるシステムです)に聞いてみました。
すると、いろいろリストされましたが、最終的に九州地方の大学と、姉のいる地方の大学が残りました。
そこで姉のいる地方の大学をなんとなく選びました。
前期。落ちますた。
後期。受かりました。
浪人を覚悟していただけに嬉しかったです。


で、後期で受かるととにかく忙しいんですよ。
約1.5週間くらいで入学までの手続きを取らないといけないんです。
で、家探ししてみると時期が遅いので、めぼしい1ルームは残ってないんです。
あったとしても辺境の地です。終わってます・・・

前期合格でさえ3月は家探しは大変らしいですね。
姉にいろいろ聞いてみたくて電話しました。
俺「もう、あんまり部屋残ってないみたいっす。」
姉「まあ後期だからねえ。1年間くらいは辛抱じゃないの?」
俺「姉ちゃんの部屋に居候させてよ。(冗談っぽく)」
姉「私の家も1ルームだし、狭いし無理だよ。」
俺「だよなー。どうすればいいのかな。ふぅ・・・」
姉「・・・」


姉「そうだ名案思いついた。」
俺「何?」
姉「この時期に1ルームにこだわるから手がなくなるんだよ。」
俺「ああん?意味がよくわか・・・」
姉「大学近いじゃない。だからとりあえず2ルームを借りておいて一緒に住んでそれからまた考えればいいじゃない。
二人別々に住むより、安く住めるとおもうしさ。」
(ええー、俺一人暮らししたいのにさー。でもまてよ、暫定的に同居しておいて、
 半年くらい経って、いい部屋をねらったほうが、結果的には便利なところに住めそうだな。
 それに最初、男が一人暮らし始めると、掃除、洗濯、食事に途方に暮れるっていうし。
 姉ちゃんに適当に家事習った方が、本当に一人暮らし始めたときにスムーズにいくかもな。)

って考えて
俺「それかなり名案じゃん。そうしようよ。」
とその時は安易な気持ちで決めたわけです。


父に相談すると
父「それでいいのか?一人暮らししたいんじゃないのか?俺の金の事だったら、気にする必要はないぞ?」
俺「この時期、部屋ないからさ。とりあえず姉貴と住んでまた時期が来たら部屋探すよ。
  今、急いでわけのわかんない1ルーム借りるよりも結果的にはよくなると思う。」
父「まあ、お前らがいいんならそれでいいけどな。○○(姉)は同意してんのか?」
俺「姉貴の方から言い出したんだよ。」
父「じゃあ、まあそうしろ。で、入学式いってやろうか?」
俺「高校生じゃねーし、いいよ。恥ずかしいし。わざわざ来なくても」
父「恥ずかしがるなって。俺はお前のスーツ姿が見たいんだよな。」
俺「姉貴に撮ってもらってそれ送るからそれでいいだろ。」
父「そうか。残念だが仕方ない。」
みたいな会話交わしました。


入学式ちょっと前に僕は地元から新居に、姉も1年間住んだ借り家から新居に引っ越してきたわけです。
入学式にはスーツで行って、家に帰って姉に写真撮ってもらいました。
姉「おおー、格好良くみえるじゃん。すごいすごい」
みたいなこと言ってました。ちょっと照れました。
その写真はすぐに実家に送りました。
母も電話で姉と同じようなこと言ってくれました。嬉しかったですね。
こんなスタートでした。


大学が始まりました。自発的に動かないと情報収集に困ることがまず驚きでした。

姉から聞いてましたけど、大学生は放任されます。高校生みたいに先生が情報を与えてくれません。
成績悪くても、出席なくても誰も怒ってくれませんよね。やはり大人として扱われてるんだなあ。
と自己責任という言葉がぴったりですね。
そういうシステムに対して戸惑ったりや、新しい友達を作ったり、授業が始まったり、段ボールの山を片づけたり・・・
最初の2週間は心身ともにくたくたに疲れました。
でも姉はバイトがない日にご飯とか作ってくれたり、俺が慣れるまでは家事とかも全部やってくれました。
いきなり一人暮らししなくてよかったなあ。としみじみ思いました。


で、3週間もすれば慣れてくるわけで、
体を動かしたいなと思い、だけどマジではやりたくないと思ったので、ある運動サークルに入りました。
サークルなら適度に楽しいだろと思ったわけです。
しかし新歓飲み会とか1年はおもちゃにされます。1年は飲むことだけが仕事みたいなもんです。
もともと酒に強い俺もさすがにこれはしんどかったです。どこの新歓も同じような感じみたいですね。
でもそのサークルで飲みを頑張ったせいか先輩に気に入られてあるコンパ(合コンっていうのかな)
に誘われたんでどんなもんか経験してみるかと好奇心旺盛な俺ですから行くわけです。
もともと、酒好きなだけなんですけど。
でもこういう場は初めてなので、緊張しましたね。

次のページ


ケータイ官能小説トップ



お問い合せ

Total:9078
今日:3
昨日:1

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space