姉と温泉旅行で
1/8ページ

先日憧れだった姉と先日セックスすることが出来ました。
童貞だった僕に姉は色々と教えてくれました。
その時の話をしていきたいと思います。

5つ年上の、僕の姉は結構さばけた性格で人をからかったりする傾向はあるものの本質的には優しく、家にいた時も出てからも色々と僕の世話も焼いてくれたりしてました。
スタイルも良く、DかEはありそうな胸にくびれた腰、お尻も結構大きくてジーンズ姿などはセクシーで格好いい感じです。
高校の頃から姉の女性的な部分を意識してしまい、姉のことを想像しながらオナニーをしたりもしていました。
でも極端に意識しなかったのはやはり姉が就職して家を出て行き、距離が置かれたからだと思います。

そんな姉が長期休みで家に帰ってきた時のことです。
「明日ドライブがてら温泉にでもいってみない?」
と姉に誘われたのです。

ちょうどこの頃、他の人の体験談で「姉と混浴の温泉に行って・・」と言う話題を読んだばかりで、それに感化されたこともあり、姉と温泉に行ってきました。
しかし連れて行かれた温泉は残念ながら普通の温泉でした。

そうそう上手くいかないものだとガッカリはしたものの、姉と一緒に出かけるのは悪くもなく、姉の方もそう思ったらしく帰りの車の中で「また一緒に行こう」って話になりました。
僕は内心ドキドキしながらも、ちょっと冗談っぽく「今度は混浴がいいな」って言ってみました。そうしたら姉は「何? 私と一緒に入りたいの?」と問い返してきました。
「たまにはいいかなって・・」と生半可な答えをしたら、姉は「そうね。それもいいかもね」って言いながら意味深な笑みを浮かべてました。

その時は特に期待もせずにいたんですが、後日姉から「来週の半ばくらいにまた一緒に温泉に行かない?」と連絡があったんです。
混浴の話を出したばかりだし、もしかしたら姉の裸を見ることが出来るのかも・・・と期待は高まります。

本当は裸を見るだけでなく、憧れの姉とセックス出来ないかと思いもしましたが、流石に自分から姉に迫る勇気などありません。
それ以前に次に行く温泉が混浴かどうかもまだ分からない状態で、とにかく期待と不安が入り交じった日々が過ぎていき、再び姉と温泉に行く日となりました。

午前中から出発した姉と僕は早めの昼食を取って、お昼頃に温泉に着きました。
着いた温泉は期待に反することなく混浴でした。
「ゆうが混浴がいい言ってたからね。今日は一緒に入りましょ」
姉はご機嫌の様子でそう言いながら脱衣所へ入っていきました。
姉の裸を見ることが出来る。
僕はドキドキしながら脱衣所に向かい、急いで服を脱いで温泉へ行きました。
平日のお昼時とあって、温泉には誰もいませんでした。
僕が温泉につかり始めた頃、姉がやってきました。驚いたことに姉は何も隠さずに入ってきたのです。
さっきまでは見たいという思いが強かったんですが、いざとなると羞恥心が働いてしまい、僕は思わず目を逸らしました。
「何恥ずかしがってんのよ。お風呂なんだから裸で当然でしょ?」
そんな僕を見て姉はおかしそうに笑いながら僕の横に座って入ってきました。

姉は「気持ちいいわね〜」と言いながら温泉を満喫しています。僕は暫く姉を見ることも出来きませんでした。
でもそのうち羞恥心よりも好奇心が勝り、僕は盗み見するように姉の方をちらちらと見ていたら、姉はちょっと意地悪く笑いながら「見たいの?」と言ってきました。
面食らいながらも僕はつい強がってしまい「そんなことないよ」って言ってしまいます。
が、あんまり説得力もなく姉には大笑いされてしまいました。
「見たいなら見てもいいわよ」
姉はそう言い出し、立ち上がると縁に腰掛けました。
どうしていいか一瞬迷いましたが、意を決して姉の裸体と向き合いました。
姉の白い肌はほんのり赤くなっていて、張りのいい大きな胸はおわん型で形も良く、乳首や乳輪は普通くらいのおきさでした。そして少し開かれた足から覗くアソコには毛が生えていないのが分かりました。
ずっと憧れていた姉の裸体にしばらく目を離せませんでした。
「何、そんなにじっと見ちゃって・・・もしかして女の人の裸見るの初めて?」
姉のからかい気味の言葉に僕は「そんなこと無いよ。裸ぐらい見たことあるよ」と答えました。
これは強がりではなく、女性の裸を見たり、触れたりしたことはあります。
友達に連れられて風俗に何度か言ったことがあり、セックスの経験はないのですが、フェラやクンニなどもそこそこは経験していました。、
「ふぅん、そうなんだ」

と、姉は楽しそうに笑い、その後いきなり「じゃあ、今度はゆうの見せてよ」と言いだしたのです。
「な、なんで?」
「私だけ見せてるのは不公平でしょ。ほら、今度はゆうが見せなさい」
姉は命令調で僕にそう言ってきます。僕は焦りました。当然僕のペニスは姉の裸を見て大きくなってたからです。
さすがに勃起したペニスをしっかりと見られるのは恥ずかしく思いました。
しかし、姉はそんな僕に大して容赦なく「何、私の裸を見ておいて自分は見せられないの?」と言ってきます。
僕はしどろもどろに「い、今はちょっと・・・」と。何とか見せないようにしようとしたのですが姉は理由に気付いているらしく、「おちんちん大きくしててもいいから。ほら見せなさい」とダメ押しまでしてきます。
結局姉に逆らえず、僕は勃起したペニスを見せる羽目になりました。
姉と位置を交代し、僕が縁に座ると姉は僕のペニスを見てきました。
「へぇ〜。ゆうの結構立派じゃない」
姉は感嘆しながら僕のペニスをまじまじと見つめていました。
しっかりと見られているのが恥ずかしくなってしまい、僕は「もういいでしょ」と立ち上がろうとします。
が、姉はそんな僕を制止させ、「まだダメ。ちょっと触らせて」と言い、いきなり僕のペニスに触れてきたのです。
僕は突然のことにビックリし、体を硬直させることしか出来ませんでした。
「うわ・・・ゆうの凄い硬いのね・・・」

次のページ


ケータイ官能小説
┗エッチな携帯小説
芸能人お宝画像広場
┗パンチラとか超たくさん
ミントCJメール
┗動画で探す出会い系
携帯動画館
┗無料で見れるアダルト動画
PC☆MAX
┗ギャル雑誌で有名なサイト



お問い合せ

Total:12161
今日:1
昨日:1

[編集n] [新規n]

違反を通報する






無料ホームページ作成
Life Space