巨乳女子大生
1/1ページ

先日の取引先との接待でおおよそ接待とは思えない会話の中から生まれた
「このサイト本当使えますよ。一昔前の、私達がそれこそ出会い系でよく遊んでいた時期と遜色なく。」
という課長さんの言葉が引っかったのでハッピーメールを始めてみた。

28歳のおれはそれこそ確かに、一昔前は出会い系でならしたもんだったが、今でもその腕は鈍っていないようで。

アポったのは20歳の大学生。一人暮らしで彼氏と別れて寂しい〜だと。
う〜ん懐かしい、この感じ。
なんて思いつつ、待ち合わせ場所へ。
てゆーか、その子の家の最寄の駅だったんだけど、軽く飯でもと思って、
「何食べたい?」って言ったら「焼肉!」って即答。
いやはや、お肉好きなんだと思っていたら、良くみりゃすげえ巨乳。
しかも、太ってるから巨乳とかそんなつまらない類のオチではない。
旨そうに食べるもんだから、酒も進んじゃって。
話聞いてると、彼氏に浮気されて別れたんだとか。
今でも腹が立ってしょうがないと。
そうゆう時の一番の解決法は、自分も他の男とセックスして仕返ししてやる事だよ、
なんてもっともらしい事を言ってみたら、おおよそ頭の弱い子なのか、それともかなりの寂しがりやなのか、今日は泊まってって欲しいつって家にお邪魔しました。
酔っぱらった彼女をベッドに寝かせ、少しずつ衣類を剥いでいくと、う〜ん、想像以上の巨乳。
思わず大興奮してしまいました。
そのまま雪崩れるようにセックス。
とても20歳とは思えない舌づかい、なんでこんなにフェラが上手いのかと…。
巨乳をたっぷり堪能した後は、ベッドでいちゃいちゃ。
付き合って欲しい的な含みを醸されたけど、まあ今は感傷的になってるだけだって事で、一旦保留として頂きました。
こんな感じの流れが週末は結構つかめちゃう。 調子良い時のハッピーメールは心強いね。

ケータイ官能小説トップ








Total:11488
今日:2
昨日:1

お問い合せ

違反を通報する
[編集n] [新規n]

無料ホームページ作成
Life Space